CASE3

新システムの移行では、
現場の使いやすさを最優先に考えたい

  • 老朽化で刷新せざるを得ないが、現場が使い慣れたものは出来るだけ変えたくない。

    現場が使い慣れている現行システムは、つぎはぎ設計やそれを知る運用担当者の退職などで管理不能になるリスクも。そのためシステム刷新は必須だが、現場での使いやすさを考えるとインターフェースは極力変更したくない。

  • 現場が本来の業務に集中できるよう、業務効率化を図りたい。

    システムの冗長・情報の分散によるデータの2重入力など、現場では無駄な作業が発生。基幹データの統合を図り、システムによる自動化やWebサービス活用による業務効率化で、業務負荷の軽減およびコスト削減を行いたい。

可視化のレベル

<WorkVision®によるソリューション>

その他の活用事例を見る

  • WorkVision®は、東芝ソリューション販売株式会社の商標です。
  • その他、本サイトに記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または商標登録として使用している場合があります。
  • 本サイトの内容は、予告なく変更する場合があります。
  • 本サイトに表記されている数値および表現は2017年8月現在のものです。
  • このページではJavaScriptを使用している部分があります。お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合、
    もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。
ページのトップへ戻る