企業トップへ

WorkVision®のポイント

クラウドネイティブなベストオブブリード型

  • 旧来のシステム連携は、個別フォーマットのCSV等のファイルによるバッチで連携していたので、個別開発が発生するため、コストや工期が個々に掛かりました
    • ① 個別のコネクタ開発
    • ② 個別のI/Fフォーマット
    • ③ 非同期(バッチ)
  • 連携サービスのWebサービス(WebAPI)を呼び出すだけで、そのサービスがリアルタイムに利用できます
  • WorkVision販売管理の業務部分もWebサービス(WebAPI)として開発しているので、連携サービスから使用することもできます
  • バッチ・大量データ連携に関しても、EAI/ETLツール(DataSpider)により、個別開発は発生しなく、パラメータ設定で連携定義が行えます
    • ① 用意されたコネクタ
    • ② 標準的なI/Fフォーマット
    • ③ リアルタイム

※次期バージョン以降で対応予定

  • WorkVision®は、株式会社WorkVisionの商標です。
  • その他、本サイトに記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または商標登録として使用している場合があります。
  • 本サイトの内容は、予告なく変更する場合があります。
  • 本サイトに表記されている数値および表現は2017年8月現在のものです。
  • このページではJavaScriptを使用している部分があります。お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合、
    もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。
ページのトップへ戻る