栗原紙材株式会社 様

お客様プロフィール

私たちの生活において欠かすことのできない「紙」。近年のペーパーレス化の影響で、印刷・情報用紙は減少しているものの、通販の拡大等で段ボールの需要は増加し、情報用紙の消費量を上回る水準で推移しています。(※日本製紙連合会: 需要推移)

紙の原料は、木材(森林資源) です。日々、大量の紙が生産・消費される中、古紙はこの紙生産を支える原料として、全製紙原料の半分以上を占める大切な資源です。

会社名:
栗原紙材株式会社 様
所在地:
東京都荒川区東日暮里1-27-9
URL:
http://www.kuriharashizai.co.jp/

古紙のリサイクルを通して循環型社会システムの構築を目指す栗原紙材株式会社様は、1938年の創業以来、地球環境の保全に貢献するリサイクルビジネスのパイオニアです。積み重ねてきた古紙専門商社としての経験を活かし、リサイクルの未来を築く同社の課題は、年々煩雑化してきた計量からはじまる管理業務の効率化でした。

導入の背景

事業の拡大と共に窓口の業務が煩雑化

国内の製紙原料で古紙が占める割合は約65 パーセントであり、世界でもトップクラスです。また紙のリサイクルは、廃棄物として処理される紙の量を削減し、廃棄物の減量化に貢献しています。弊社は「古紙商品化適格事業所」の認定を受けているほか、古紙リサイクルアドバイザー認証の全社員取得や古紙再資源化証明書を発行できる権利も取得しています。

主要事業である古紙リサイクルはもちろん、機密文書処理、パルプモールドなどあらゆる分野を、15箇所17部門の事業所で対応していますが、その業務内容は、古紙の荷受、選別、分類、梱包、集約、需給調整、出荷調節、品質維持と多岐に亘ります。

経理課 課長 島 英雄 様

弊社のヤード(集積施設)では、持ち込まれた古紙を品種別に計量し、市況に応じて予め設定した価格で取引きを行っていますが、回収する古紙は数十キロから数トンまで様々です。

また、使用する原料の調達には変動があり、ヤードに在庫を持つことで需給調節を行うことが必要となりますが、余剰時の在庫は数百トンから数万トンにも及ぶことがあり、事業の拡大と共に窓口業務に多くの時間を費やしていることが課題として抽出され、プラットフォーム保守サポート終息のタイミングに合わせて、業務プロセスを改善するシステムのリニューアルを進めることといたしました。

導入の目的

省力化を実現する新システムの導入へ

システムの選定基準は、業界特有の煩雑な業務を効率良く処理できること、また従来の業務プロセスを改善できることとし、導入実績の豊富なWorkVision(ワークビジョン)のパッケージシステムを選択しました。

ワークビジョンの提案システムは、計量業務の負荷軽減と、伝票発行、精算業務、実績管理の省力化を実現するもので、計量器との連動はもちろんのこと、計量回数連続13回対応や、タッチパネルを利用した直感的なオペレーションで、お客様をお待たせしない伝票発行を可能とするものでした。

導入ポイント

リサイクル業界を熟知するWorkVisionを評価

ワークビジョンは、全国製紙原料商工組合連合会が認定するシステムの開発ベンダーであることから、リサイクル業界の業務内容を熟知し、弊社の要望をきめ細かく反映するカスタマイズにも柔軟に対応できるパートナーでした。

計量器(台貫)と端末を直接接続して自動的に計量値を取りこむ機能は、水引き・かご引き・ダスト引きも、画面タッチ対応で伝票発行の効率化が期待できるシステムでした。仕入情報、売上情報の重量実績など、様々な取引データをグラフ表示できるため、推移の把握も容易となり、現場オペレーションの効率化と経営分析のスピード化を両立する完成度の高さを認識しました。

計量器(台貫)と端末を直接接続

また、多くの仕入先や得意先の取引条件を詳細設定できる機能も大きな評価ポイントでした。例えば、「内税・外税・非課税」、「明細ごと課税、伝票課税、締め一括課税」、「10日ごと締か、月末締か、随時締か」、また伝票発行枚数など、あらゆる取引条件を個別設定することが可能で、製紙原料卸特有の逆有償処理や税率改正にも標準対応しています。最終的には、財務会計システムとのシームレスなデータ連携が実現することも評価いたしました。

導入の効果

窓口業務の生産性が飛躍的に向上

先ず、直感的に使えるタッチパネルのオペレーションで窓口業務の生産性が飛躍的に向上しました。受注(納入枠)に対する出荷ペースをリアルタイムで把握することが可能となり、ヤードへの出荷指示入力、通知もスムーズです。

また、データベースを一元化したことで、従来は各事業所に分散していた買掛残高や売掛残高などのマスターデータを本社で一括管理することができ、又、締めの概念が厳格化したため、経理月次決算の早期化に繋がりました。加えて単価推移のチェック機能の強化、単価の改定漏れの防止、 (仕入先/支払先などの)企業グループや回収ルート別の集計、支払・請求先ごとの課税設定が可能となり、商品と取引先管理の効率化が実現しました。

導入効果の図

さらに、セキュリティを考慮した権限設定や操作ログ記録による内部統制の強化、コンタクトセンターによるカスタマイズ部分を含めた適切かつ迅速なサポートも好評です。ワークビジョンには、これからも弊社の主治医的な存在であることを期待しています。

今後の展開

環境に優しいリサイクル事業を展開

パルプモールド(紙成形品)は、プラスチック、発砲スチロール、段ボール等の代替品として、卵パックや家電製品などの緩衝材をはじめ、包装緩衝材や各種容器として幅広い用途でご利用いただいています。

パルプモールド

弊社の製品であるパルプモールドは100%国産古紙が原料です。今後も古紙の新たな可能性を追求し、美粧性のあるモールド製品の開発など、環境に優しいリサイクル事業を展開すると共に、将来性のあるセルロースナノファイバー(※)を活かした製品の開発も進めてまいります。(※幅15ナノメートル程度まで細くした木のセルロース繊維をすき上げて紙を作る方法。出典: デジタル大辞泉)

資源循環型社会の形成に向け、リサイクルを中心とした環境保全活動および社会貢献活動を基盤に、相互理解、相互扶助を図り地域と共生を図る栗原紙材様。ワークビジョンは、ICTを通して古紙リサイクルの未来をサポートしてまいります。

パンフレットダウンロード

本ページでご紹介の記事がPDFファイルでダウンロードできます。必要事項を入力して送信してください。ご入力いただきましたメールアドレス宛にパンフレットのダウンロードURLをお送りします。

※この記事は2019年9月に取材した内容を元に構成しています。 記事内における数値データ、組織名、役職などは取材時のものです。

お客様の導入ソリューション



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧