テレワーク導入ソリューション

最適なICT環境を構築し、安心して利用できるテレワーク導入プランを提供します。

働き方改革のひとつの形式として、テレワークが注目されています。経済の活性化には、様々な環境の中で働くことのできる社会を実現することが必要です。様々な職種がある中でテレワークを拡大させるには、インターネットなどの情報通信技術(ICT)の活用が不可欠です。

テレ(tele)とは「離れたところ」ですので、テレワーク(telework)は「職場と離れた場所で働く」ことを意味しています。テレワークは、在宅勤務・サテライトオフィス利用・モバイルワークなどの形態に分けられます。

在宅勤務は内勤型テレワークとして分類され、従業員が自宅で仕事をする働き方。施設利用型勤務はテレワーク用のオフィス(サテライトオフィス)で働く勤務方法。モバイルワークは外出先で仕事をする勤務方法。SOHOは小規模オフィスや自宅で働く仕事方法。内職副業型勤務は簡易的な業務を中心に働く自営型のテレワーク。

テレワークのメリット

テレワークは、ICTを利用することで、本来勤務する場所から離れ、自宅などで仕事をすることが可能です。さまざまな場所での柔軟な働き方は、災害時に事業が継続できることをはじめ、多くのメリットがあります。

いつどこにいても、仕事ができる環境を整えておくことで、自然災害時のリスクを回避できます。従業員の交通費を削減できます。また、会社への出勤人数が減れば、その分オフィスも省スペースで運用でき、コピーやプリンタの活用頻度が下がることで、ペーパーレス化も加速します。働く場所を選ばないということは、従業員の様々な離職要因を排除できるだけでなく、人材確保にも有効です

オフィス中心のワークスタイルから、人が中心のワークスタイルへ。

オフィス中心のワークスタイルから、人が中心のワークスタイル

テレワーク環境を構築

セキュリティ対策、労務管理、Web会議システムなどのコミュニケーションツールなどの提供で、テレワークの様々な課題を解決し、オフィス勤務と同様に業務を円滑に進めることのできるテレワーク環境を構築します。

オフィスに出勤せずに従業員が任意の場所で仕事をするためセキュリティ対策が必要。従業員間のコミュニケーション不足を解消するチャット・社内SNS・ビデオ会議の環境、ペーパーレスで企画や経費申請のできる電子決裁システムの導入も有効。勤怠管理はメールや電話による報告の他に勤怠管理ツールも必要。

WorkVisionが最適なテレワーク導入を支援します。

提供ソリューション ①テレワーク環境構築/導入プラン

安全且つセキュリティを確保し、従業員が社内環境にアクセスできる仕組みを構築します。

ICT環境例。仮想デスクトップ構成イメージ

1. SSL-VPN接続(SonicWALL)
新規にSonicWALL NSa、SMAを導入し、SSL-VPNで社内ネットワークに接続する構成。

テレワーク環境。導入規模目安:同時接続125ユーザー

①モバイル(テザリング)or Wi-Fi or 家庭LANでパソコンを接続。
②パソコンにSSL-VPN(NetExtender)をインストールする。
③パソコンのSSL-VPNソフトからインターネット経由で、SonicWALLに接続して社内システムへ接続。

新規構築時概算費用(税別)
①機器:SonicWALL NSa 2650 ¥590,000-/SonicWALL SMA 410 ¥541,200- (25ユーザー含む)
②保守費:8×5(保守ライセンス2台分) ¥346,000-
③ライセンス:100ユーザライセンス¥605,000-
④構築費概算:¥800,000-
※条件:新規にインターネット回線を敷設、プロバイダ契約時に、IP8が必要になります。

2. SSL-VPN接続(SonicWALL)
新規にSonicWALL NSaを導入し、SSL-VPNで社内ネットワークに接続する構成。

テレワーク環境。導入規模目安:同時接続50ユーザー

①モバイル(テザリング)or Wi-Fi or 家庭LANでパソコンを接続。
②パソコンにSSL-VPN(NetExtender)をインストールする。
③パソコンのSSL-VPNソフトからインターネット経由で、SonicWALLに接続して社内システムへ接続。

新規構築時概算費用(税別)
①機器:SonicWALL NSa2650 ¥590,000-
②保守費:8×5(1年間保守ライセンス) ¥71,000-
③ライセンス:SSL-VPNクライアント ¥141,000~/50ライセンス
④構築費概算:¥500,000-
※条件:新たにインターネット回線を敷設、プロバイダ契約時に、IP1が必要になります。

3. VPNソフト接続(YAMAHA)
新規にYAMAHAルーターを導入して、VPNで社内ネットワークに接続する構成。

テレワーク環境。導入規模目安:同時接続10ユーザー

YMS-VPN8同時接続ライセンス版で接続
①モバイル(テザリング)or Wi-Fi or 家庭LANでパソコンを接続。
②パソコンにYMS-VPN8をインストールする。
③パソコンからインタネット経由で本社YAMAHAルーターに接続して社内システムを利用。

新規構築時概算費用(税別)
①機器:YAMAHA RTX1210 ¥125,000-
②保守費: 別途必要
③ライセンス:YMS-VPN8ライセンス 10ライセンス ¥150,000-
④構築費概算:¥400,000-
※条件:新たにインターネット回線を敷設、プロバイダ契約時に、IP1が必要になります。

提供ソリューション ②コミュニケーション

ビデオ会議システム LiveOn/Microsoft 365
カメラを通じて対面でのリアルタイムなコミュニケーションを可能とします。常時接続する場合には、テレワーク中の従業員のプレゼンス管理(在席管理)ツールの代わりとしても利用できます。

専用クラウド型ビデオコミュニケーションサービス

eメール・チャット(インスタントメッセンジャー)Microsoft 365
従来から利用されているeメールに加えて、リアルタイムに単文的な会話のやり取りをする場合は、eメールのように逐次のメッセージ送受信が不要なチャットツールも利用できます。

情報共有ツール Microsoft 365
従業員の保有する情報を、場所にとらわれず従業員間でやり取りできます。

データ共有ツール Microsoft 365
資料の電子データや業務で利用する音声、写真、映像情報などを従業員間で共有できるツールです。電子的な情報共有で、場所にとらわれない共同作業が可能となります。また、業務進捗の「見える化」や成果の提出、顧客から得た情報や従業員個人のノウハウ・知識の共有にも有効です。

グループウェア Microsoft 365
eメールや電子掲示板、ドキュメントの共有、スケジュールやワークフロー管理など、組織内の情報共有のために必要な機能が1 つに統合されています。

提供ソリューション ③労務管理

勤怠管理
始業・終業時刻等を管理。在宅勤務や、変形労働時間制、時間単位年休制度、時短勤務など、様々な働き方に対応します。

テレワークをはじめ働き方改革に対応する就業管理システム

業務管理 Microsoft 365
従業員が特定の時間帯にどの業務に従事しているかの確認や、テレワーク時に実施した業務を可視化して管理できます。また、従業員間でスケジュールを共有することも可能です。

提供ソリューション ④目標管理

WorkVision 目標管理クラウド
テレワークで希薄になりがちな組織内連携やビジョンの共有をサポート。モチベーションの向上に繋がると共に、こまめにコミュニケーションをとることで、タスクの遅延を防ぐことができます。

月額1ユーザー100円の目標管理システム。10ユーザーからご利用可能です

提供ソリューション ⑤ワークフロー

ワークフローソリューション
一連の業務手続きの流れをシステム化することで、オフィスに縛られない業務手続きが実現します。また、ペーパーレス化によりコスト削減にも有効です。

お客様のニーズに合わせた最適なワークフローをご提案します

テレワーク導入ソリューション パンフレット

パンフレットダウンロード
テレワーク導入ソリューションのパンフレットがPDFファイルでダウンロードできます。必要事項を入力して送信してください。ご入力いただきましたメールアドレス宛にパンフレットのダウンロードURLをお送りします。

テレワーク導入ソリューションのパンフレットがダウンロードできます

お電話からのお問い合わせ・ご相談
TEL:0120-76-4058

受付時間 9:00~17:30 土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

--> 

事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧