周辺システム

EAI(データ連携)

  • 基幹業務システムの周辺システムとして、EDI/EOS、BI(分析ツール)、
    ワークフローシステム、会計システムの等々なシステムとの連携が必要となります。
  • そのため、個々のインターフェースプログラムを開発する必要があり、時間と費用が掛かります。
  • また、その周辺システムの更新で変更になった場合も同様です。
  • WorkVision販売管理では、EAI(データ連携ツール)を使用して、EDI/EOS、会計システムなどの周辺システムについてデータ連携を行います。
  • データ連携のレイアウトは周辺システムごとに異なるので、EAI(データ連携ツール)のデータ連携処理フロー、転送定義を修正することで、柔軟に対応が行えます。
  • 通常の手組によるプログラミング作成に比べ大幅に工期/工数を短縮できます。

EAI(データ連携)の処理イメージ

BI(データ分析)

  • 販売管理、会計、人事給与、物流等、それぞれのシステムよりMotionBoardへデータ連携することにより、グラフやマップ等の視覚的な画面で確認できます。
  • 経営状況をタイムリーに確認できるだけでなく、あらゆる分析軸をモニタリングすることで現状を詳細に把握できます。
  • 経営の今が「見える化」できることで、経営判断の迅速化に繋がります。

BI(データ分析)

WorkVision販売管理 機能一覧



販売管理システムなら
構築実績40年超のWorkVisionに
お任せください。

相談無料まずは、お気軽にお問合せください。

販売管理のお役立ちコラム