WorkVision総務目標管理/人事・給与/就業管理

 

強い総務をつくるために総務コラム

「時間外労働の上限規制・年休取得の義務化」を確実に進める処方箋第3回 技術部門やシステム部門等の長時間労働者への対応

イメージ

時間外労働を月100時間未満とすること、労働者に年5日以上の年次有給休暇を取得させること等を使用者に義務付けた改正労働基準法が2019年4月1日に施行されました。

「当社は、改正労基法に定められた時間外労働の上限や年休取得義務を守れるのだろうか」と不安に思っている経営者や人事関係者は少なくありません。

とくに技術部門、システム部門、研究開発部門等では、長時間残業を繰り返す、あるいは休暇を全く取得しない労働者が存在し、この者を放っておくと、その会社は、まず間違いなく労働基準法違反を犯すことになってしまいます。

だからといって、上司や人事部門が、これらの労働者に対して、「時間外労働の上限を守りなさい」等と注意すると、「無理な設計・開発スケジュールを設定していることが悪い」等の不満を言い出したり、仕事を自宅に持ち帰るようになったりして、新たなトラブルが発生してしまいます。

長時間労働者や年次有給休暇を取得しない労働者に対して、会社は、どのように対応すればよいでしょうか?

1.「指示する」のではなく、各自に「自主的に取り組ませる」ことが効果的

長時間残業を繰り返す労働者や休暇を全く取得しない労働者を改正労基法に対応させるうえで、次のような措置が効果的です。

(1)時間外労働が多い者などに対して、人事関係者が個別面談を行う

前年度の勤務実績のデータから、月80時間を超える時間外労働を行ったことがある者や年次有給休暇の取得日数が5日未満の者をリストアップして、人事関係者が、それらの者に個別面談を行います。

個別面談では、長時間残業の防止や休暇取得のために何をするべきか、本人と人事関係者の間で話し合います。

(2)月の半ばで一定の時間外労働を超えた者とその上司に警告メールを送信して、注意を促す

月の半ばで時間外労働が一定時間を超えた場合、および1年の半ばで年次有給休暇の取得日数が一定日数以下の場合、その者と上司に警告メールを送信して、職場での注意を促します。

勤怠管理システムに、このような警告メールを自動送信する機能を組み込んでいる会社もあります。

(3)目標設定や開発スケジュール設定時に、労働者本人に時間外労働の見込み時間等を申告させる

技術部門やシステム部門などでは、各自の業務目標や開発スケジュールを設定するものですが、その際に、時間外労働の見込み時間や休暇の取得予定も労働者本人に申告させるようにします。

これらの者には、「法律で定められた時間外労働の上限を守りなさい」と言うよりも、「自分で定めた見込み時間や休暇取得予定に従って、設計・開発を進めてください」と言ったほうがよいのです。




コラムの続きをご覧になりたい方へ・・・

このコラムの続きはダウンロードでご覧いただけます。

» ダウンロードはこちら