ARTERIA®問診・アナムネ・バイタルを
8月1日より販売開始

2019年07月16日

iPad(注1)対応のアプリケーションで院内情報の早期共有化を実現

株式会社WorkVision(旧社名:東芝ソリューション販売株式会社/本社:東京都品川区/取締役社長:大和田 昭彦/以下、ワークビジョン)は、医療機関における問診運用およびアナムネ、バイタル入力をサポートする「ARTERIA®問診・アナムネ・バイタル」を、8月1日より販売開始します。

働き方改革や人材不足など、医療機関の就業環境が変化する中、高度な医療技術と良質な患者サービスの提供に向けて、電子カルテやオーダリングシステムを始めとする医療情報システムの導入など、ICTを活用した院内業務プロセスの改善が進められています。

ワークビジョンが提供する「ARTERIA®問診・アナムネ・バイタル」は、来院患者の受付から問診票への回答、医師への情報伝達まで、院内の業務プロセスを効率化するiPad(注1)対応のiOS(注2)アプリケーションです。
一問一答形式のシンプルな画面設計と、多言語対応のテキスト入力機能、音声入力機能(注3)を活用することで、高齢者でも直感的な入力ができると共に、外来受付待ち時間の短縮、受付業務の効率化、外来問診情報の早期共有化を実現しました。

また、アナムネ(注4)・バイタル情報の入力にも対応し、Bluetooth機器との連携による体温、血圧、脈拍等の自動入力により、入院患者の情報をリアルタイムで共有することが可能です。電子カルテやオーダリングシステムなど医療情報システムとのデータ連携を行うことで、院内業務プロセスの効率化に加え、ペーパーレス化、院内コミュニケーションの向上など、良質なチーム医療を継続するための環境改善に有効なシステムです。

さらに、カメラ機能を利用した患者番号の読み取り機能を活用することで、患者取違い防止など、窓口業務の負担を軽減します。なお、「ARTERIA®問診・アナムネ・バイタル」は、特許出願中です。

ワークビジョンは、医療機関をはじめ、製造業や、流通業など、さまざまな業界で、ICTによる業務プロセス改善の実績があります。「ARTERIA®問診・アナムネ・バイタル」は、最適な判断が求められる医療の現場に、新たな業務改善スタイルを提供することで、時代の変化や患者様のニーズに合わせた医療サービスの向上に貢献してまいります。

ARTERIA®問診・アナムネ・バイタルの特長

1.iPad(注1)対応のシンプルな問診入力
一問一答形式のシンプルな画面展開と、ソフトテンキーの利用で、高齢者でも直感的な操作が可能です。タッチパネルで身体部位の絵図(シェーマ)マークを付けることで症状個所が視覚化され、電子カルテやオーダリングシステムなど医療情報システムとのタイムリーなデータ連携で、医師とのスムーズな対面問診が実現します。

また、医療機関や診療科毎に問診内容を変更するカスタマイズ対応のシステムです。回答結果による質問の分岐設定を行うことで、患者の症状をより正確に把握できます。

2.アナムネ/バイタル入力
患者の病歴・過去の入院歴・家族構成・嗜好品などのアナムネ情報と、入院患者の体温・脈拍・血圧・血糖値・食事記録などのバイタル情報の入力に対応し、看護師の業務負担を軽減します。さらに、バイタルの経過はグラフ機能を利用することで、患者状態の視覚的な確認が可能です。

また、入力データを電子カルテやオーダリングシステムなどの医療情報システムと連携することで、院内で患者情報をリアルタイムで共有でき、患者との密接なコミュニケーションを通じて安心感のあるケアが実現します。

3.患者取違い防止
カメラ機能を利用した患者番号読み取り機能を活用することで、患者取り違いの防止など、窓口業務の負担を軽減します。

ARTERIA®問診・アナムネ・バイタル 画面イメージ

20190716.jpg

(画面イメージは、開発時点のものです。販売開始時にデザインを改良する場合があります。)

出展情報:国際モダンホスピタルショウ 2019、第20回 日本医療情報学会看護学術大会

国際モダンホスピタルショウ 2019、第20回 日本医療情報学会看護学術大会に、ARTERIA®問診・アナムネ・バイタルを出展いたします。ぜひお立ち寄りください。

国際モダンホスピタルショウ 2019

  • 主催:一般社団法人日本経営協会
  • 会期:2019年7月17日(水)~19日(金)10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト(東京都)南1~4ホール
  • 出展ゾーン:小間番号:F-49(株式会社SBS情報システム様ブース内)
  • 国際モダンホスピタルショウ 2019 ホームページ
    https://noma-hs.jp/hs/2019/
    ※別ウインドウで国際モダンホスピタルショウ 2019のページが開きます。

第20回 日本医療情報学会看護学術大会

  • 主催:一般社団法人日本医療情報学会 看護部会
  • 会期:2019年9月27日(金)~28日(土) ※27日 13:00~17:00/28日 9:00~16:00
  • 会場:タワーホール船堀(東京都)
  • 第20回 日本医療情報学会看護学術大会ホームページ
    https://www.jami-ni-tokyo2019.org/
    ※別ウインドウで第20回 日本医療情報学会看護学術大会のページが開きます。

お問い合わせ先

お客様からのお問い合わせ先
医療情報ソリューション事業部:03-5484-7718

メディア関係のみなさまからのお問合せ先
営業統括部:03-4233-0935

  • 注1:iPadは、Apple Inc.の商標です。
  • 注2:iOSは、Apple Inc.のOS名称です。IOSは,Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり,ライセンスに基づき使用されています。
  • 注3:多言語対応は問診機能におけるテキスト表示となります。音声入力はインターネット接続環境下でのみ利用可能です。
  • 注4:病歴・過去の入院歴・家族構成・嗜好品など、急来院患者の情報の収集。
  • ※ARTERIA®は、株式会社WorkVision(旧社名:東芝ソリューション販売株式会社)医療情報ソリューションの登録商標です。
  • ※2019年7月1日より、東芝ソリューション販売株式会社は、株式会社WorkVisionに社名を変更いたしました。


事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧

ニュース & トピックス