クラウド打刻サービス 「Cloud Clock」の販売を開始

2020年09月07日

様々な勤怠管理システムに対応 テレワークの出退勤や休憩時間を記録

株式会社WorkVision(本社:東京都品川区/取締役社長:大和田 昭彦)は、京葉システム株式会社(本社:千葉県千葉市/代表取締役社長:吉濱 政視)の提供するクラウド打刻サービス「Cloud Clock」を、新たにテレワーク支援ソリューションに追加し、本日より販売を開始します。

新型コロナウイルスの感染症対策として、多くの企業が一斉に導入したテレワークは、緊急事態宣言が解除された後も、厚生労働省が公表した「新しい生活様式」で、働き方の新しいスタイルとして示され、在宅勤務、時差出勤を制度化する企業は増加傾向にあります。

クラウド打刻サービス「Cloud Clock」は、在宅勤務をはじめとするテレワークの、出勤・退勤、休憩開始・終了、パソコンのログイン・ログオフの各時刻を客観的に記録し、導入中の勤怠管理システムに打刻データを連携するサービスです。

また、サブスクリプション形式のタイムレコーダー、パソコン、スマートフォン、タブレット、ICカード活用など、様々な打刻方法を提供することで、テレワーク以外にも、変形労働時間制、時間単位年休制度、時短勤務など、様々な働き方の勤怠管理に対応しています。

当社には、製造業や流通業、医療機関、公共団体など、さまざまな業界の勤怠管理をはじめとする、総務部門の業務課題を解決するシステム構築のノウハウがあります。企業を取り巻く環境は、今後も大きく変化していくことが予想されます。当社は、温度検知端末と勤怠管理システムの組み合わせによる、健康管理の強化など、スピード感と多様化が求められる時代に柔軟に対応する新たなビジネスモデルを提案していきます。

サービスの特長

1.クラウド環境で客観的打刻取得を提供
クラウド環境で、ウェブブラウザ上でタイムレコーダーを表現したWebタイムレコーダーによる打刻(出勤・退勤・休憩開始・休憩終了)、PCのログオン/ログオフの時刻取得を可能としました。

2.サブスクリプション形式のタイムレコーダーを提供
ICカードタイムレコーダーの打刻データ管理をクラウド環境にて実現しました。センドバック方式の保守サポート付きでご利用いただけます。

3.導入中の勤怠管理システムに対応
導入中の勤怠管理システムに打刻データを連携することが可能です。

サービス導入イメージ図

wviroha.jpg

サービスメニュー(表示価格は税別です)

1.打刻サービス Webタイムレコーダー
初期登録料:50,000円。利用料金:65円~100円/人(50名以上、25名単位)。 ライセンス数は利用ユーザー数となります。ユーザー数により、利用料(一人当たりの単価)が異なります。

2.PC TimeTracer(PCログオン/ログオフ時刻)
初期登録料:50,000円。利用料金:60円~100円/1台(50台以上、25台単位)。 ライセンス数は利用PC台数となります。PC台数により、利用料(一台当たりの単価)が異なります。

3.タイムレコーダーサブスクリプション
初期登録料:50,000円。利用料金:4,000円~6,000円/1台 ※専用ICカードが必要。 タイムレコーダーの機種により、利用料が異なります。

クラウド打刻サービスホームページ

https://workvision.net/solution/cloud-dakoku/

参考ソリューション/「AI温度検知」と「勤怠管理システム」連携(実証実験中)

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」(日本コンピュータビジョン株式会社製)の温度情報をAPI連携で勤怠管理システムに取り込むことで、企業の健康管理を強化するソリューションの実証実験を開始しています。温度検知端末に閾値(例:37.5℃以上)を設定し、出勤時に対象者のアラートを出すなど、温度情報と勤怠情報を一元で管理します。

お問い合わせ先

マーケティング統括部:03-4233-0980



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧



ニュース & トピックス