SDGsへの取り組みが外務省「JAPAN SDGs Action Platform」に掲載されました

2021年2月26日

SDGsへの取り組み

株式会社WorkVision(本社:東京都品川区/取締役社長:大和田 昭彦/以下、WorkVision)のSDGsへの取り組みが外務省「JAPAN SDGs Action Platform」に掲載されましたので、ご報告いたします。
世界では飢餓、貧困、汚染、差別等、経済、社会、環境面で大きな課題に直面しています。この課題を私たちは、ICT技術を活用することで、企業の、また社会のデジタルトランスフォーメーションを推進し、これからもサステナブルな社会の実現に貢献します。

WorkVisionのSDGsへの取り組み

・企業活動におけるSDGsへの貢献
・事業活動におけるSDGsへの貢献
・SDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは

企業活動におけるSDGsへの貢献

WorkVisionでは、人財の育成や働き方改革、コンプライアンスの向上といった企業活動を通じてSDGsの達成に貢献し、サステナブルな社会を実現するために、以下の5つの活動をしています。

企業活動におけるSDGsへの貢献


事業活動におけるSDGsへの貢献

私たちWorkVisionは、企業向けソリューション、医療機関向けソリューション、公共団体向けソリューションの提供や、新たな課題解決に向けたソリューション開発の事業活動を通じてSDGsの達成に貢献し、サステナブルな社会を実現するために、以下の5つの活動をしています。

事業活動におけるSDGsへの貢献


SDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは

SDGsロゴ

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。  SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

(外務省「JAPAN SDGs Action Platform」より)



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧

ニュース & トピックス