仮想化ソリューション

仮想環境の構築で物理的なサーバー台数を削減。
管理者負担の軽減と消費電力の抑制によりグリーンITを実現。

特長・構成例

仮想化ソリューション

  • 普段あまり使用しないシステムにも専用サーバが必要なのか分からない。
  • サーバー台数が増えすぎて管理に負荷がかかる。

解決・安心

  • 普段あまりご使用にならないシステムは、仮想サーバーとして構築し、システムを使用する時のみ、ソフトウェア的にサーバーを起動して使用する事が出来ます。
  • 仮想化環境を構築すれば、物理的にサーバーの台数を減らす事ができ、管理者の負担も減ります。また、消費電力も抑えられ、グリーンITを実現します。

構成例

仮想化ソリューションの構成例

※Linuxは、Linus Torvalds氏の商標です。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

仮想化とは

サーバーをソフトウェア的に構築する技術です。仮想化したサーバーは管理ツールにより、自由にON/OFFする事が出来ます。また、仮想化サーバーとして集約する事により、物理的スペースの有効活用やTCO削減、システム管理者の負担を軽減します。サポート切れのOS(WindowsNT)なども、最新のサーバー環境で柔軟にIT資源を利用する事が可能です。

お電話からのお問い合わせ・ご相談
TEL:0120-76-4058

受付時間 9:00~17:30 土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧