バス車両部品管理

内部統制対応、拠点在庫の高精度管理、滞留部品の解消、適正在庫化などにより、
バス部品管理の業務コスト削減を実現します。

安全こそ最重要のサービス

バス会社が乗客に対して最も重視すべきサービスは「安全」です。ドライバーの健康や勤務実態管理はもちろん、
車両そのものの点検にも細心の注意を払い、部品一つひとつの劣化などを入念にチェックすることが必要です。

バスは道路運送車両法、また自動車点検基準(省令)により、3ヶ月と12ヶ月ごとの定期点検整備が義務化されていますが、バス会社各社では、法令以外の自主点検(定期/日常)を行うことで、より高い安全性を確保しています。

バス会社の部品管理の現状と課題

複数の整備工場が使用する部品を、全社で一元管理。

拠点単位での車両整備に伴う、部品在庫の適正化。

拠点別の車両部品の在庫数をリアルタイムで把握。

全社業務の標準化と決裁機能による内部統制強化。

バス車両部品管理システム

ハンディターミナルの利用が可能な、バス部品管理に特化した、拠点在庫の高精度管理、滞留部品の解消、適正在庫化などを実現するシステムです。

効果

  • 在庫確認の業務コスト削減
  • 業務効率化
  • 発注単価の適正化
  • 他拠点を含めたリアルタイムでの在庫理
  • 内部統制
  • 輸送の安全確保に有効

事例紹介

お電話からのお問い合わせ・ご相談
TEL:03-4233-0935

受付時間 9:00~17:00 土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

関連ソリューション



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧