電子部品卸売業向け
販売管理システム

販売管理システム構築実績40年超のWorkVisionなら、業務・業種ノウハウを活かし、
パッケージソフト化、クラウド化を推進し、最適な「電子部品卸売業向け 販売管理システム」をご提供します。

こんなお悩みございませんか?

見積の多様化に対応したい

  • 見積で金額見積以外にも、単価見積もありシステム外で見積書を作成しており、
    単価見積した単価は別途単価マスタへ登録している。

1. 見積依頼入力

  • 仕入先へ対する見積依頼書を作成することができます。

見積依頼入力

見積依頼書

2. 見積入力

  • 見積入力では、通常の金額での見積以外に、単価見積も可能です。
  • 単価見積を行うと、その単価は契約単価マスタへ登録更新され、受注入力では、
    その契約単価マスタの単価が採用されます。

見積入力

見積書

受注業務を標準化したい

  • 在庫商品と、直送商品の受注入力のプログラムが分かれているため、
    商品知識が低い社員(新入社員等)では受注入力が出来ない。

受注入力の標準化

  • 受注入力は在庫品・取寄品の区別をせずに注文書通りに入力が行えます。
  • 販売管理システムが商品マスタから「在庫品」・「受発注品」を自動判別し、
    「在庫品」であれば、引当を行い、「受発注品」であれば発注データを同時に作成します。
  • 商品知識が無いオペレーターでも、システムの運用が行える仕組みになります。
  • 受注業務の図

受注入力と手配処理を同時に行いたい

  • 受注入力時に出荷のための手配処理も同時に行いたい。

  • 受注入力では、以下の商品手配が行えます。
    1. 1. 在庫からの引当

      • 在庫している商品から、入力している受注に対しての引当が行われます。
      • 引当は、即時引当/一括引当が選択でき、即時引当では受注入力の都度に引当が行われ、
        一括引当では受注に対して出荷予定日、得意先優先度に応じた引当が行えます。
    2. 2. 都度発注

      • 受注入力と同時に、仕入先へ対する発注データを作成できます。
      • 商品マスタに、都度発注の商品、主要仕入先を登録しておけば、
        受注入力時に発注情報も自動的に設定されます。
    3. 3. 他倉庫からの在庫移動による引当(在庫横持ち)

      • 自営業所の倉庫に在庫がなく、他営業所の倉庫に在庫がある場合に、
        移動手配(引当)→出庫→入庫(引当)→出荷の手順で、在庫横持ちの処理が行えます。
      • 在庫横持ちに関して、その都度、営業所間の事前確認が運用的に必要になります
    4. 4. 入荷予定の引当

      • 発注済みで未入荷の商品について、受注対して予定として紐付けすることができ、
        入荷時にその受注に引当されます。
    5. 5. 取置在庫からの引当

      • 得意先、担当者、部門ごとの取置在庫からの引当も行えます

得意先の注文を急いで引当する必要がある

  • 引当、出荷が注文順なので、お得意様からの注文は急いで引当する必要がある。

在庫からの引当

  • 在庫している商品から、入力している受注に対しての引当が行われます。
  • 引当は、即時引当/一括引当が選択でき、即時引当では受注入力の都度に引当が行われ、
    一括引当では受注に対して出荷予定日、得意先優先度に応じた引当が行えます。

在庫からの引当 受注入力(明細)

在庫からの引当 一括引当処理

  • 在庫問合せでは、「現在在庫数量」とは別に「引当済」を考慮した「販売可能数」として、管理されます。

在庫からの引当 販売可能数=現在在庫数-引当済数

受注処理と発注処理を同時に行いたい

  • 取引は直送が多く、受注処理と仕入先への発注処理を同時に行いたい。
  • 手配品(都度発注)による在庫圧縮をしていきたい。
  • その発注がどの受注分かが判らなく、受注に紐付いた在庫が把握できない。

都度発注

  • 受注と同時に、仕入先へ対する発注を行えます。
  • 一度、自社倉庫に入れて出荷する「倉入倉出」や、仕入先からの「直送」も行えます。

都度発注

  • 受注入力と同時に、仕入先へ対する発注データを作成できます。
  • 商品マスタに、都度発注の商品、主要仕入先を登録しておけば、
    受注入力時に発注情報も自動的に設定されます。

都度発注 受注入力(明細)

在庫の横持ちの手配が手作業

  • 自営業所に在庫が無い場合は、他営業所の在庫を横持ちして手配する場合があるが、
    手作業になってしまっている。

他倉庫からの在庫移動による引当(在庫横持ち)

  • 自営業所の倉庫に在庫がなく、他営業所の倉庫に在庫がある場合に、
    移動手配(引当)→出庫→入庫(引当)→出荷の手順で、在庫横持ちの処理が行えます。
  • 在庫横持ちに関して、その都度、営業所間の事前確認が運用的に必要になります。

他倉庫からの在庫移動による引当(在庫横持ち)

入荷予定に対して先に在庫確保し納期を確定したい

  • 在庫がなく、調達担当が発注済みであるで、得意先への着実な納期回答を行うため、
    入荷予定に対して先付けで在庫を確保して納期を確定したい。

入荷予定の引当

  • 発注済みで未入荷の商品について、受注対して予定として紐付けすることができ、
    入荷時にその受注に引当されます。

入荷予定の引当

与信管理が弱い

  • 手形未決済や受注残を含めての与信管理が弱く、
    与信的に問題があっても受注入力ができてしまう。
  • 現在の債権状態と与信残高の確認が出来ないため、貸倒のリスクがある。

1. 与信チェック

  • 貸し倒れの防止対策として、与信限度額を設定し、見積時、受注時、
    売上時に入力中の伝票金額を含め与信チェックを行い、エラー表示や警告表示を行います。

得意先マスタ保守

2.債権先別与信残高管理表

  • 現在の債権状態と与信残高の確認が行え、貸倒が発生する前に、
    不良になりそうな債権先へ督促することが可能となります。

債権先別与信残高管理表

安全と安心をお客様へ提供したい

  • 安全と安心をお客様へ提供するための仕組みがほしい。
  • 一部の商品は、長期滞留している在庫がある。
  • 製造が2か月以内でないと納品不可な得意先もある。
  • 賞味期限が古い在庫は納品させたくない。
  • システムとは別でEXCELによる賞味期限別の在庫を管理して確認している。
  • 出荷でロット跨ぎ、ロット逆転などがあると得意先からクレームが来るため、
    それを対応するために手間が掛かっている。

ロット・有効期限在庫管理

  • 販売した得意先を着実に管理を行うことで、販売先を絞り込むことで影響度を少なくし、
    かつ不具合の商品を販売した得意先に適切な対応を行うことで、顧客満足度の向上を目指します。
  • ロット・有効期限在庫管理によって、ロットに対するトレースが行え、どの仕入先から仕入を行い、どの得意先へ販売を行ったのかが把握できます。
  • 受注に対する在庫の引当では、ロット跨ぎ、ロット逆転などの引当の制御を
    システムが自動的に処理します。

在庫管理

マスタ管理の柔軟性を向上したい

  • 伝票入力等で商品を識別する方法がメーカーコード、メーカー品番の2つの項目になり、
    通常の販売管理のパッケージでは対応できない。

商品コード管理

  • 商品コードは『内部コード』と『外部コード』により管理をしています。
  • 外部コードは商品CD1~5の5個のコードで構成され、これらのコードを結合したコードを
    内部コード(商品コード)として管理しています。

マスタ管理

マスタ保守

受注入力

輸入品をEXCELで管理している

  • 原材料として資材や部品を輸入するのだが、EXCELで管理しており業務が煩雑である。

輸出入対応

  • 販売管理システムの発注処理にて外貨を指定し、輸出入システムへ連動し、
    円・外貨建ての両方の管理が可能です。
  • 輸入関係の入荷、諸掛、為替処理は、輸出入システムにて管理を行います。
  • 販売管理システム

輸出のシステム化が必要である。

  • 海外支店への輸出や、直接貿易を始めたのでシステムが必要である。

輸出入対応

  • 販売管理システムの受注にて外貨を指定し、輸出入システムへ連動して、
    円・外貨建ての両方の管理が可能です。
  • 輸出関係の出荷、梱包、諸掛、為替処理は、輸出入システムにて管理を行います。
  • 販売管理システム

詳細な分析を行いたい

  • 分析(商品/得意先)が弱いため、顧客ニーズに対応した新商品開発が遅れており、
    大手の直販の業績が落ちてきている。

BI(データ分析)

  • 販売管理、会計、人事給与、物流等、それぞれのシステムよりMotionBoardへ
    データ連携することにより、グラフやマップ等の視覚的な画面で確認できます。
  • 経営状況をタイムリーに確認できるだけでなく、
    あらゆる分析軸をモニタリングすることで現状を詳細に把握できます。
  • 経営の今が「見える化」できることで、経営判断の迅速化に繋がります。
  • 周辺システム



販売管理システムなら
構築実績40年超のWorkVisionに
お任せください。

相談無料まずは、お気軽にお問合せください。

販売管理システムは構築実績40年超のWorkVisionにお任せください。
ご相談は無料、お問い合わせは最短即日対応いたします。お気軽にお問合せください。

最短即日対応

資料請求・お問い合わせ

WorkVision®コラム 「経営テレスコープ」