病床管理とは?病床管理システム導入の特長4つとメリット3つ

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

病床管理とは

病床管理とは保有するベッドの運用・調整を行うことで、ベッドコントロール・ベッド管理とも呼ばれます。患者の入退院を把握しながら、院内の医師はもちろん、場合によっては他施設とも連携を取りながら、限られたベッドを効率よく運用することが求められます。病院が保有するベッドの数は、病院規模を示す基準にもなっており、病床管理の効率化は病院の収益に直結する重要な業務です。一般的には看護師長が責任者として、病床管理を行います。

病床管理システムの特長4つ

病床の稼働状況や患者情報を電子端末上で管理し、ベッドコントロールを最適化できるのが病床管理システムです。病床数と患者数に比例して、病床管理は複雑化します。その中で、患者ごとに異なる入院日数や必要な看護を把握しながら、病床の稼働率を高める必要があります。病院の収益に繋がるのはもちろんですが、入院を必要とする患者を一人でも多く受け入れる観点からも病床管理は重要です。病床管理システムは、電子カルテシステムに装備されていることもあります。病床管理では、電子カルテやバイタルシステムとのデータ連携で、病床の稼働率や入退院の患者様数、入院患者様の情報をタイムリーに把握するなど、院内情報の早期共有化でチーム医療に基づく病棟運営を行うことが有効です。

病床管理システムの特長1:病院全体の見える化(可視化)

病床管理システムを導入すると、病院全体の見える化(可視化)に繋がります。入院収入は病院の収益の大半を占める重要な財源です。保有ベッド数の稼働率を上げることは、健全な運営に直結します。しかし、患者ごとに異なる入院日数や、いつ発生するかわからない患者の受け入れで、病床の稼働率は常に変動します。病床管理では、複数ある診療科の医師や看護師と連携する必要もあり、リアルタイムで病院全体の病床状況を確認するのは難しいことです。病床管理システムを導入していれば、電子端末からいつでも病床の稼働状況を、病院全体で簡単に共有することができます。また、サービスによっては、病床状況をマップ化し、感覚的に状況を確認することもできます。

病床管理システムの特長2:転棟日や退院日のサポート

患者ごとの病状も合わせて管理できるため、転棟日や退院日の適切化に繋がります。患者の病状や必要な看護を簡単に確認・共有ができることで、必要な担当医や看護師の割り当てを最適化することができます。転棟・退院可能なタイミングも医師同士はもちろん、看護師や理学療法士、社会福祉士などのスタッフと共有が容易になり、患者へのサポート向上に繋がります。

病床管理システムの特長3:効率的なベッド調整

病床が多い病院であるほど、効率的なベッド調整は難しくなります。病棟の違い、重症患者の数、感染の可能性や、面会拒否の有無など、患者数が増えれば配慮すべき事柄は多くなります。これらの要素をすべて考慮するのは、パズルのように複雑です。病床管理システムを導入していれば、患者情報を管理するだけでなく、配慮すべき事柄をもとに、病床への最適な患者配置を導き出してくれます。時間をかけて考える必要もありません。

病床管理システムの特長4:病床を最大限に活用

病床管理システムによる病院の見える化(可視化)、効率なベッド調整は、結果的に病床を最大限に活用することに繋がります。病院の病床が見える化され、異なる診療科がリアルタイムで状況を確認できれば、患者の受け入れがスムーズになります。様々な部署が状況を共有できていなければ、状況確認に時間がかかり、急患の受け入れにも対応できないことがあります。ベッドの調整に関しても、人が管理するよりも効率化されるばかりか、スピーディーな調整が行えるようになります。

病床管理システムを導入するメリット3つ

ベッド管理が容易になる病床管理システムですが、病院のベッド数や配置状況に合わせて作成されるため、誰でも分かりやすく感覚的に操作できます。また、電子カルテやバイタルシステムのデータと連動させることで、より利便性を高めることもできるでしょう。利用方法によって可能性は広がりますが、導入することで確実に得られるメリットとして、3つ挙げることができます。

病床管理システムを導入するメリット1:入院収入の見直しと改善ができる

病床の見える化と効率的なベッド調整により、入院収入の見直しと改善ができます。効率的なベッド運用で稼働率が向上すれば、入院による収入が増えることは言うまでもありません。加えて、患者の病状や、必要な看護の状況をリアルタイムで把握できることで、適切なタイミングで転棟や退院を管理できるため、ベッドごとの単価上昇にも繋がるのです。また、病床が見える化(可視化)されることで、優先すべき患者も把握しやすく、見直し改善が容易になります。

病床管理システムを導入するメリット2:業務が軽減する

病床の見える化と効率的ベッド調整は、現場の業務軽減にも繋がります。患者受け入れの可否をはじめ、煩雑なベッド調整の判断など、病床管理に関わる様々な業務が瞬時に行えるようになります。電子カルテなど、病院内で利用している既存のシステムと連携をとれば、より業務が効率化され、業務が軽減されます。

病床管理システムを導入するメリット3:病床管理指標が明確になる

ベッド数と患者数が増えると、管理はもちろんですが、稼働率の推移や収益の状況を正確に把握するのは難しくなります。病床管理システムを導入すれば、これらの数値を明確にすることができます。これにより、運用状況か適正かどうかを把握できるようになり、病床管理基準が明確になり、目標値なども設定しやすくなります。

賢く病床管理システムを利用しよう

病床管理システムを導入すれば、より効率的に病院運営ができるようになります。もちろん、病院によって診療科の数や病床数、医師、看護師の人数なども異なります。それぞれの病院に合わせた病床管理システムを導入することが大切といえます。WorkVisionは病床管理システムと連携する電子カルテや医事会計システム、また問診・アナムネ・バイタルシステムなど多様な医療ソリューション提供の実績があり、個々の病院特色に合わせた病床管理を支援しています。詳しくは下記リンクを参照してください。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連ソリューション

関連事例

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧