在庫管理システムを導入するメリット4つとは?機能や導入のポイントを解説

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは、倉庫で保管される材料・半製品・完成品の管理に特化したシステムです。基幹システムには販売管理・生産管理システムといった、企業のサプライチェーン全体を対象とするもの、現場の実在庫に近いデータの反映を可能にする在庫管理システムなどがあります。現場の受発注業務をより正確にするために、基幹システムに装備され、事業規模の急速な拡大へ対応しています。この記事ではそんな在庫管理システム導入のメリットと、導入の際のポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

在庫管理システムを導入するメリット4つ

まずは、在庫管理システムを導入する4つのメリットを紹介します。紹介する4つの導入メリットは、全て業務効率化と利益率向上につながるものです。在庫管理システム導入時のサービスの選択基準としても、ここで紹介する内容を理解し、参考にしてみてください。

導入するメリット1:欠品による機会損失を防げる

在庫管理システム導入の1つ目のメリットは、欠品による機会損失の防止です。在庫管理システムでは、リアルタイムの在庫情報を手に入れられるため、急激な需要の増加にも素早く対応できます。また、営業所が複数存在する場合に、他の営業所の在庫状況もリアルタイムで確認できるため、仕入れるよりも早く在庫を確保でき、売上機会の損失削減が可能になります。その他、在庫が少なくなった場合にアラートが表示される機能もあるため、在庫の減少を見逃すこと無く、新たな発注ができます。

導入するメリット2:過剰在庫を減らしやすくする

2つ目のメリットは、過剰在庫を減らしやすくすることです。在庫は長期間抱えると管理コストがかかりますが、過去の受注データから需要分析することでタイムリーな発注や入荷が可能になります。その結果、必要以上の発注をしてしまい過剰な在庫を抱えるといったリスクが減ります。また、リアルタイムな在庫状況の把握によってその精度も向上し、本来不要な過剰在庫時の管理コストを削減できるので、利益率向上が実現します。

導入するメリット3:人為的なミスを防ぐ

3つ目のメリットは、人為的なミスが防げることです。在庫管理システムでは、商品についているバーコードをハンディターミナルで読み込むだけで入庫・出庫管理が可能です。そのため、エクセルなどの表計算ソフトによる手入力の在庫管理よりも、圧倒的に速く正確な在庫管理が可能です。また、人為的なミスが減りより速く管理業務が出来ることで、ミスの修正にかかる業務時間の削減、残業時間短縮によるコストカットも可能になり、この点からも利益率の向上がはかれます。

導入するメリット4:在庫状況が可視化される

4つ目のメリットは、在庫状況が可視化されることです。表計算ソフトなどによる在庫管理でも在庫状況を確認することはできますが、先述のような情報の更新速度や正確性においては、専用に開発されたシステムほどの効果は期待できません。また、買い手が注目するトレーサビリティ確保のための物流の明確化、セット商品販売時の複数商品の在庫処理、受注と出荷のタイミングのズレに対応するための在庫引当処理についても、リアルタイムに正確な在庫情報が更新されることで、トラブル回避が可能になります。

在庫管理システムを導入する際のポイント2つ

次は、在庫管理システムのリニューアルや導入に際しての2つのポイントを確認しておきましょう。ここで紹介するポイントを意識することで、在庫管理システム導入による業務効率化・利益率向上の高価をより大きく享受することが可能です。

導入する際のポイント1:適正なコストを意識する

在庫管理システム導入の目的は業務効率化と利益率向上です。どんなに高機能なシステムを導入しても、会社の利益利率が改善しなければ意味がありません。大規模なロット単位で在庫の管理をしている企業は、システムのリニューアルでコスト削減に繋がりますが、小ロットである場合は、今かかっているコストと、システム導入後に同業務にかかるコストを比較して、導入後の方が低コストになることを確認しておきましょう。

導入する際のポイント2:使いやすいようにカスタマイズ

2つ目のポイントは、使いやすいようにカスタマイズすることです。各システムの機能を検討し、会計など既に使用しているシステムとの連動が可能かも考慮しましょう。導入後は、管理業務が煩雑にならないように使いやすい形にカスタマイズして、業務効率化の効果を得られるようにしましょう。

機能やメリットを知って在庫管理システムを導入しよう

この記事では、在庫管理システム導入の4つのメリットと、導入における2つのポイントを紹介しました。システムの導入を検討している方や、今後管理規模が拡大する可能性がある場合は、在庫管理システムのリニューアルを検討しておきましょう。WorkVision販売管理は、委託・受託・預け・預り在庫・予約在庫とさまざまな形態の在庫を管理できます。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連記事

関連ソリューション

関連事例

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧