SaaSとPaaSとIaaSとは?3つのクラウドサービスの違い

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

クラウドの概念とは?

クラウドとは、インターネットを通じてサービスを利用できる仕組みを指します。

クラウドの定義は様々ですが、一般的にはインターネットを利用してサービスを利用することをクラウドと呼びます。近年は、さまざまなサービスがクラウドで提供されるようになってきています。

クラウドを利用することで、ユーザーは自社内にサーバーやハードウェアを用意することなく、利用したいサービスを速やかに利用することができるようになります。

「SaaS」「PaaS」「IaaS」それぞれの違いとは?

クラウドの仕組みは大きく分けて3種類あります。

クラウドにはいくつかの種類がありますが、普段はまとめてクラウドと呼ばれています。クラウドは大きく分けると、「SaaS(サース)」「PaaS(パース)」「IaaS(イアース)」の3種類に分類することができます。

ここではクラウドのそれぞれの違いについて解説していきます。

メリット デメリット
SaaS 管理やソフトウェアの開発が不要 ソフトウェアに制約がある
PaaS システム開発がスムーズになる 言語・データベースが限定的
IaaS 自由度が高い 専門的な知識・スキルが必要

SaaSとは?

SaaSとは欲しい機能を、必要な分だけ利用できるソフトウェアを指します。

SaaSは「Software as a Service」を略した言葉で、インターネットを経由して必要なソフトウェアを利用する仕組みです。

従来であればパッケージとして購入する必要があったソフトウェアを、クラウドで手軽に利用できるようにしたものです。SaaSの一例としてはメールサービスなどが挙げられます。

SaaSのメリット:運用管理やソフトウェアの開発が不要

SaaSを利用することで運用管理をしたり、ソフトウェアを開発したりする必要がありません。

自社でソフトウェアを管理する場合は、バージョンアップも行わなければいけませんが、SaaSはダウンロードするわけではありませんので、自社内で管理する必要がありません。

また、SaaSの機能だけで要望を満たせる場合は、必要な機能を必要な分だけ利用できますので、自社でシステムを開発する必要がなく、手軽に利用することができます。

SaaSのデメリット:ソフトウェアに制約がある

SaaSはソフトウェアの利用に制約があります。

SaaSは利用したい機能をすぐに利用できるというメリットがありますが、ソフトウェアに制約があるというデメリットがあります。たとえば、バージョンアップされた機能が気に入らなくても、ユーザー側で機能を変更することはできません。

また、インターネットを介して利用することになるため、ソフトウェアのパフォーマンスが制限されるケースもあるでしょう。

PaaSとは?

PaaSとはソフトウェアを開発するための環境を提供するサービスを指します。

PaaSは「Platform as a Service」を略した言葉で、アプリケーションを稼働させるためのデータベースや開発環境などのリソースを提供します。

PaaSを利用することで、自社内でプログラムを実行したり開発したりするためのデータベースを用意しなくても、システム開発ができるようになります。

PaaSのメリット:システム開発がスムーズになる

PaaSを利用することで、システム開発をスムーズに行えます。

一般的に自社でシステム開発を行う場合、自社内にデータベースなどの開発環境のインフラを構築する必要があります。

しかしPaaSを利用すれば、開発環境のプラットフォームが提供されるため、自社でインフラを構築しなくてもすぐに開発を始めることができます。

PaaSのデメリット:言語やデータベースが限定的

PaaSでは提供される言語やデータベースなどが限定的になります。

PaaSは契約をするだけですぐに利用を開始できますが、一方で提供される言語やデータベースなどが限定的です。

そのため、さまざまなユーザーに幅広く利用されるというよりも、特定のユーザーばかりが利用することになりやすいというデメリットがあります。

IaaSとは?

IaaSとは仮想サーバーやストレージなどのインフラ環境を提供するサービスを指します。

IaaSは「Infrastructure as a Service」を略した言葉で、アプリケーションが稼働するためのデータベースなどのリソースのことです。

IaaSでは、システムを稼働させるためのインフラのみをインターネット上で利用できるため、SaaSやPaaSよりも自由度が高いという特長があります。

IaaSのメリット:OSやスペックなどの自由度が高い

IaaSはハードウェアのOSや、スペックなどの自由度が高いでしょう。

IaaSが提供するのはインフラのみとなっているため、サーバーを利用する際に必要なOSやハードウェアのスペックはユーザー自身で選ぶことができます。

そのため、ユーザーが必要なスペックを自由に設定することで、自由度の高い開発ができるというメリットがあります。

IaaSのデメリット:専門的な知識・スキルが必要

IaaSを利用するには、専門的な知識やスキルが必要になります。

前述のとおり、IaaSではインフラのみを提供するため、OSやデータベースなどはユーザー側で選定する必要があります。

また、セキュリティ対策などを含めてユーザー自身で管理を行う必要があるため、IaaSを扱うには専門的な知識やスキルが必要になるでしょう。

それぞれのクラウドサービスから自社に適したものを選ぼう

クラウドサービスは、特長を理解してよりよいサービスを利用するようにしましょう。

普段はまとめてクラウドと呼ばれている、インターネットを介して提供されるサービスですが、クラウドには大きく分けてSaaS、PaaS、IaaSの3種類があり、それぞれ異なる特長を持っています。

WorkVisionのクラウド型サービスはさまざまな種類があるため、より適したサービスを選ぶことができるでしょう。この記事で紹介したサービスや、それぞれの特長、メリット・デメリットなどを参考に、WorkVisionのクラウド型サービスをぜひご検討ください。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連記事

関連ソリューション

関連事例

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧