予実管理とは?予実管理の必要性と予実管理のポイント5つを解説!

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

予実管理とは?

予実管理とは、その名の通り企業の予算と実績を管理することです。企業の経営目標を達成するためには売上や経費などの予算を設定し、実際の売上や経費との数量差異や達成率の差異を評価することが重要となります。予実管理はそうした差異分析を適切かつ効率的に行うための管理会計の手法であり、企業の成長には欠かせません。この記事では、予実管理の必要性と実施するにあたってのポイントを詳しく解説します。

予実管理の必要性

予実管理の優れている点は、予算と実績を定量化することができるということです。定量化することで予算と実績の乖離具合を適切に把握しやすくなるとともに、これまで感覚的にしか認識されず仮説に過ぎなかった企業の課題を分析、検証することが可能となります。またそれらをデータとして収集することは、これからの企業の成長に大いに役立てることができます。様々なベンダー様が予実管理のためのツールを開発していたり、東大発ベンチャー企業のユーグレナ様が予実管理を導入していたりすることを考えると、その必要性が十分に理解できるでしょう。

予実管理のポイント5つ

このように企業の成長に欠かせない予実管理ですが、運用方法を誤るとその効果を十分に発揮することはできません。予実管理の目的は、予算と実績の乖離を素早く的確に認識し、分析と検証を通じて企業の成長につなげることです。予実管理が適切になされなければ、こうした目的を達成できなくなることは想像に難くありません。そのため、ここからは予実管理を実施するにあたってのポイントを5つに分けて解説します。

1:適正予算を設定する

1つ目のポイントは、予算を適切に設定することです。売上予算や経費予算はそのまま売上目標や経費目標となりますが、それらは高すぎず低すぎないことが大切です。なぜなら、企業の抱える問題点を正しく認識することができないからです。高すぎる目標では、はじめから取り組む気力が失われてしまいますし、低すぎる目標では簡単に達成することができてしまいます。従業員の能力に応じて、達成できるか否かギリギリのラインで目標設定をすることが効果的です。

2:リアルタイムで確認する

2つ目のポイントは、リアルタイムで予算と実績の乖離具合を確認することです。生産管理や工数管理、タスク管理や案件管理といった進捗管理作業はリアルタイムで行われないと意味がありませんし、そうすることでスケジュール管理にも役立ちます。またプロジェクトやシステム開発やソフトウェア開発など、設備投資の見通しが立てやすくなることも大きなメリットです。日々の進捗が予定通りであるかどうかを確認するには日次管理が最も良い方法ですが、そうでなくとも週ごとに進捗を確認することが大切です。会計ツールなどを使用して常に情報を共有できるようにしましょう。

3:スムーズな集計作業ができる環境を整備する

3つ目のポイントは、リアルタイムで確認した情報を素早く集計できるような環境を整えることです。せっかく進捗具合をリアルタイムで確認しても、それらを1週間後に集計し分析していては現場の状況を正しく認識できず、目標達成に必要な措置をとることができません。部門ごとで管理やデータ収集の方法が異なっていると、それらをひとつのフォーマットに統一したり、場合によっては再び集計しなおしたりすることが必要となります。効率よく作業を進めるためにも、あらかじめ準備し素早く簡単に集計できるようにしておきましょう。

4:細かい数字まで気にしない

4つ目のポイントは、細かな数字を気にしすぎないことです。すべての予算に同じだけ気を配るのではなく、それぞれの重要度を定め優先度の高い予算に、より注力することが大切となります。さらに、従業員が過度に管理されている気分になり、モチベーションが下がる可能性があるので、1円や10円単位で達成度を評価するのも効果的ではありません。どの予算項目にどれだけ実績との乖離が生じれば課題解決の処置をとるのか、あらかじめ決めておいた方が良いでしょう。

5:問題発生時は原因を究明する

5つ目のポイントは、解決すべき課題が見つければ必ずその原因を究明するということです。予算と実績の数値が乖離しているということは、企業に何らかの解決すべき課題があることを意味します。しかし、それは数値を眺めていても明らかになることはありません。具体的にどのような要素がその問題を生じさせているのかということを、データから分析して検証することが重要です。

予実管理は売上などの実績を体感できるので予算改善に繋がる

この記事では予実管理の必要性と、実施するにあたってのポイントを解説しました。予実管理は企業の成長に欠かせないマネジメント手法ですが、適切に運用しなければ十分な効果を得ることができません。そのためにはExcelや紙ではなく、適切なツールを活用することが大変効果的です。以下に会計や会計の周辺業務における問題解決に有効なツールを紹介しますので、ぜひ一度自社への導入を検討されてはいかがでしょうか。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連タグ :

予実管理管理会計

関連記事

関連ソリューション

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧