OKRの導入例4つ【目標の設定や取り組み方と管理方法の参考例を解説】

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

企業で導入されている目標管理制度(MBO)

目標管理制度(MBO)はManagement By Objectiveの略で、多くの企業によって導入されている目標管理手法です。直訳すると「目標によるマネジメント」という意味です。アメリカの経営学者であるピーター・ドラッガーが紹介した、マネジメント手法です。目標管理制度(MBO)は、個人や特定のグループが1つのワークをする際に、その目的を具体的に定めておき、短期目標・長期目標の部類分けによって、着実な進歩を遂げられるよう配慮された実践的な制度です。

目標管理制度(MBO)を導入するメリット

目標管理制度(MBO)を導入するメリットは、まず「職場でするべき仕事が端的にわかる」というものが挙げられ、次に「目標達成状況が端的に把握できる」という点があります。この目標管理制度(MBO)の概念が提唱するところでは、主に「目標の上げすぎ・下げすぎ」に関する仕事率の変動に配慮する上で、特定の期間(短期・長期など)を設定し、具体的な取り組みが求められます。このような実践的なスケジューリング調整によって、その企業内での仕事率の進捗や、今後の企業成長に必要な項目などが一目でわかるようになるでしょう。

モチベーションが向上する

短期・長期目標の設定を行い、決められた範囲内でやるべき仕事が端的にわかると、モチベーションアップに繋がります。仕事をする上で「自分がいま何をすべきか」がわからない状態では、おのずと誰にとってもモチベーションが下がる結果となってしまいます。このような状況を避けるためにも、目標の設定は大事です。

能力が発揮できる

自分のすべきことが分かった上で、さらに仕事へのモチベーションがアップすれば、仕事の質も向上します。自分がすべき仕事内容がわかるということは、社員にとっても自分の向き・不向きを見極められる重要なタームになるでしょう。このように、社員が個別で自分の能力と仕事内容を見極められる点も目標管理制度(MBO)を導入するメリットであり、企業全体の仕事率・成長率の変動も見られるようになります。

目標管理制度(MBO)の問題点と対処法4つ

目標管理制度(MBO)を導入する上で考えられる課題として、自分たちができるだけの範囲しか仕事内容を設定しない・目標以外のことは一切しない・目標設定の低さからやりがいが低下する、などが挙げられます。目標管理制度(MBO)の活用方法によっては、ただのノルマ管理ツールとなる危険性があるため、問題点と、それに対する対処法を知っておくことも大切です。

問題点と対処法1:目先の目標に執着してしまう

目標管理制度(MBO)というくらいですから、どんな仕事においても「当面の目標」というものが定められます。つまり、「ここまでできれば良い」といった目標設定になってしまい、それが期間をおいての目標設定となるため、社員はほぼその目標のみに執着する形になります。こうなると、他の業務がまったく疎かになってしまう状況を招く可能性が出てきます。そうした場合、目標への認識・姿勢・他の業務への配慮などの点が浮上してくるでしょう。

問題点と対処法2:目標設定が低くなる

次に目標設定そのものに関する問題です。目標を低いところへ設定し、社員全体の仕事量を減らしたり、ゆるい空気感をわざと作り上げてしまったりという状況も浮上してきます。このような場合には、あらかじめ会社側が目標設定の条件リストを作成しておき、それにそって「最低限のノルマ」を課しておく必要があるでしょう。あまり自由奔放に目標設定を社員側に任せることで、仕事率は大きく低迷してしまいます。

問題点と対処法3:個人主義が助長される

「私はこうしたい」「自分はこの目標を達成するのが先だと思う」といった個人的主張が強く出てしまうのも、目標管理制度(MBO)を導入する際の大きな課題と言えます。どうしても組織で動く場合には個人プレーが目立ってしまい、それによって仕事率が半減します。このような状況を回避するためにも、あらかじめ「組織全体で目指すべき目標とそれに沿ったルール」を決めておき、最低限そのルールに従う上での就労を身に着けさせることが必要です。

問題点と対処法4:プロセスを軽視してしまう

目標を低く設定することで、プロセスを軽視してしまうという問題が生まれます。また、そのプロセスが簡単に終了してしまい、その後の仕事に関する姿勢が怠慢的になってしまう可能性も出てきます。この場合でも、必要な仕事へのプロセス(仕事率を向上させられる過程)を企業側が創案しておき、その内容を必ず社員全体に実践させることが重要になるでしょう。

目標管理制度(MBO)は問題点に注意しながら運用しましょう

今回は、目標管理制度(MBO)の問題点についての詳細情報をはじめ、メリットや問題点、対処法4つなどについて詳しく解説しました。目標管理制度(MBO)で得られるメリットは、着実な企業発展に導かれるものですが、社員側の勤務姿勢や考え方によっては、その制度の利便性を逆に利用してしまう可能性もあります。制度を適切に導入する方法を確認しておき、ぜひ利点の高い導入努力をしてみましょう。以下のページで詳しく紹介していますので、システム導入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

情報システム導入はWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連タグ :

目標管理

関連ソリューション

関連記事

新着記事



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧