企業がHRテックを導入するメリット7つや活用シーンをご紹介

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

HRテックとは?

HRテックとは、IT(情報技術)やAI(人工知能)を使って、HR(Human Resource:人事)に関するデータを分析・活用し、人事業務の効率化や人員配置の最適化などを図る技術・手法です。

HRテックにかかわるテクノロジーは、AIなどの最先端技術に限らず、給与計算や勤怠管理など、業務効率化を目的とするシステムもその一部です。様々な技術の普及によりテクノロジーが身近なものとなったことで、HRテックは広まりをみせています。

HRテックが注目されている理由

HRテックが注目されている理由の一つは、合理的な人事管理です。

人事データの分析で、人材配置の適正化や社員のモチベーション向上など、合理的かつ高度な人事管理が可能となります。従業員のスキルデータを基に人材配置や育成を進める「タレント・マネジメント・システム」などが、その一例です。

企業がHRテックを導入するメリット7つ

少子高齢化により労働人口が減少している日本では、限られた人的資源を最大限に有効活用していくことが必要です。では、企業がHRテックを導入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

企業がHRテックを導入するメリットについて大きく7つに分けて紹介します。

HRテックのメリット1:データ入力を自動化する

HRテックを導入すると、面倒なデータ入力を自動化できるようになります。

たとえば給与計算に必要な出退勤時間の管理です。勤怠管理システムを導入することで、従業員の出退勤情報を、自動的に給与計算まで反映させることが可能です。

勤怠管理に限らず、システム利用によって煩雑なデータ入力が自動化でき、作業効率を上げることが可能です。

HRテックのメリット2:生産性を上げる

データ入力の自動化だけでなく、HRテックの導入であらゆるデータの一元管理が可能となります。データ管理の業務が効率化できることで、さらに生産性を上げられるようになります。

従業員のデータは、勤怠情報や従業員のスキル、業績、面談結果など多種多様です。それらのデータをAIで分析し一元管理することで、人材配置に活用することが可能です。

HRテックのメリット3:コストの削減につながる

データ入力の自動化やデータを一元管理できることで、人事業務を効率化できます。つまり、HRテック導入前と同じかそれ以上の業務を、導入前より少ない人数でこなせるようになるのです。

HRテックの導入により人事業務が省人化され、人件費などのコスト削減が実現できます。

HRテックのメリット4:離職率を下げる

HRテックは作業の効率化をはかり、生産性を向上させるためだけのものではありません。

HRテックに集積されたデータを分析し活用することで、より満足度の高い労働環境を提供できます。様々なシミュレーションを行うことで、従業員のスキルに応じたキャリア開発が可能となり、離職を防ぐ一助となります。

人材育成には大きなコストがかかります。人材確保が難しくなりつつある現代では特に、離職率低下は重要なポイントです。

HRテックのメリット5:適切に人材を配置する

従来の人事管理では、人材配置や部署の人数の選定などは担当者の経験や勘によって行われてきました。個人の裁量に頼った人事は非合理的になることも多く、従業員の納得も得られにくいものです。

HRテックを導入すれば、AIで膨大なデータを分析し、最適な人材配置が可能になります。合理性が高い配置となることで、従業員も納得して働きやすくなります。

HRテックのメリット6:リモートでの面接が可能

新型コロナウイルスの影響で、面接がリモートで行われる機会が増えてきました。このリモート面接もHRテックの一例です。リモート面接は接触感染の機会を減らせるだけでなく、遠隔地にいる優秀な人材の確保にも有効です。

HRテックを活用することで、SNSでの募集、応募者のリモート面接、システム上での雇用契約と、採用の流れをすべてWeb上で完結させることも可能です。

HRテックのメリット7:コミュニケーションを活性化する

業務効率化や人事管理の高度化だけでなく、HRテックは従業員の労働環境の改善にも役立てることができます。社内SNSやチャットツールを用いたコミュニケーションの促進もその一つと言えるでしょう。

テレワークの普及に伴い、従業員のコミュニケーション低下が懸念されています。社内SNSやチャットツールを導入し、従業員が気軽に連絡を取り合える環境を整えることで、従業員の交流や情報共有が可能となり、モチベーションの向上が見込めます。

HRテックの活用シーン6選

HRテックのメリットについてご理解いただけたでしょうか。HRテックは業務効率の向上や人事管理の高度化といった多くのメリットを有しています。多くの企業が導入を進めていることも納得できます。

それでは、具体的にどのような場面でHRテックを活用できるのか、具体例を紹介します。

HRテックの活用シーン1:採用の管理

HRテックは、採用の管理におけるあらゆるポイントで活用できます。

たとえば、SNSに掲載した求人の応募・選考をシステム上で行うことで省人化を実現できます。従業員として必要な資質などのデータを蓄積し、選考をAIに任せることも可能です。

AI選考により採用者を絞り込んで、人事業務の効率化をしている企業もあります。

HRテックの活用シーン2:新人の研修

HRテックによるデータの蓄積、分析を行うことで、それらを新人研修に活用することもできます。

たとえば優秀な従業員の資格や研修の内容などを分析することで、新人にどのような講座や研修を受けさせるのが最も効果的か、プランニングをすることが可能です。そのためには、従業員の勤務実態や業績、受講した研修内容、取得した資格などのデータを日々集積していくことが重要です。

HRテックの活用シーン3:勤怠の管理

HRテックでは、様々な働き方にあわせた勤怠管理が可能です。

たとえば工場では、業務によって従業員の労働形態や勤務時間が変わりますし、テレワークと出社勤務が混在していると、出退勤の管理だけでも煩雑になりがちですが、勤怠管理をシステム化することで業務の効率化につながります。

HRテックの活用シーン4:保険の手続き

人事の業務の一つに社会保険の手続きがあります。2020年から特定の法人については、社会保険や労働保険などの電子申請が義務化されましたが、人事管理システムを利用することで、保険の手続きが簡単になるだけではなく、保険の電子申請も行えるようになります。

保険申請に使う情報と給与や人事評価に使う情報は共通するものが多く、それらをシステム上で一元管理することで業務を効率化できます。

HRテックの活用シーン5:給与の計算

給与計算にもHRテックが活用できます。システムにデータを入力しておけば、給与の計算に用いる勤務時間、出退勤記録の管理はもちろんのこと、年末調整や賞与の計算も簡単になります。

システムによっては派遣社員の人件費を算出して利益計算に役立てたり、退職金を異なる方式で計算できたりと会社に合わせて便利に活用できます。

HRテックの活用シーン6:データの分析

HRテックを活用するには、従業員の勤務状況や個人情報など多くのデータを蓄積することが重要です。蓄積されたデータをAIで分析することで、生産性の向上や最適な人事管理に役立てることができます。

AI分析と聞くと難しい最先端技術のようですが、現在は多くの企業がHRテックを導入して業務の効率化を図っています。

HRテックを導入するには?

WorkVisionでは、人材配置・給与計算などの煩雑な業務を簡素化できる人事・給与システム、従業員の労働環境を管理する就業管理システム、目標管理システムをはじめ、多くのソリューションを提供しています。是非お問い合わせください。

HRテックの導入を検討しよう

HRテックの市場規模が拡大している理由は、業務の効率化と高度な人事管理が可能となることです。

導入は難しいことではなく、システムを活用すれば簡単に始められます。会社にあったシステムの導入を検討してみるとよいでしょう。一例としてWorkVisionの提供するシステムを下記に紹介しますので、ぜひご覧ください。

情報システム導入はWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連ソリューション

関連記事

新着記事

事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧