負けてたまるか、愛は悪に屈しない。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

「○か×か」で答えなさい→「血液型のO型は実はC型だった」→答えは○。
「○か×か」で答えなさい→「チンパンジーの血液型はAかBしかない」→答えは×。このように、日本人は正しいものには「○/マル」、間違いには「×/バツ」を付ける習慣がある。日本は昔から角がないマルを円満の象徴とし、“輪”を争いのない“和”に置き換えるなど、マルを縁起の良いものとしてきた。一方、バツは木や竹で門をバツ字に閉ざす、あるいは磔(はりつけ)を連想させることから、良いイメージを持とうとしなかった。しかし、これは英語圏をはじめ、フランス語・スペイン語・イタリア語圏などの国々では、全く通用しない常識なのだ。英語の mal の語源はラテン語の malus で、正反対の「悪」を意味する。さらにポルトガル語の「malícia/マルーシア」は「ずる賢い」を意味し、サッカーでは反則すれすれで相手を困らせるプレーとして使われる言葉だ。

そんなずる賢く悪意に満ちたマルが、コンピュータ社会を震撼させるようになってきた。「マルウェア/malware」は、まさに不正で有害な動作を実行する意図で作られた悪意だらけのソフトウェア。パソコンの起動停止や画面上に奇妙なメッセージが現れるなど、巧みに攻撃を仕掛けてくる。そんな悪いマルにAIで立ち向かう対策ソフトも登場し、ハイレベルな頭脳合戦が過熱している。しかし、この闘いでは、愛(AI)の力は決して悪に屈することはない。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連タグ :

マルウェアAI

関連記事

関連ソリューション

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧