リサイクル業務がツール導入で効率化できる6つの理由とは?

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

リサイクル業務にツールを導入する必要性

ペーパーレス化の浸透に伴い、印刷物や企業のプリンタ用紙は減少傾向にあります。一方、ネット通販の拡大で段ボール需要は増加しており、情報用紙の消費量を上回る水準で推移しています。

紙の原料は、木材(森林資源) です。日々、大量の紙が生産・消費される中、古紙はこの紙生産を支える原料として、全製紙原料の半分以上を占める大切な資源です。

日本での古紙リサイクルの歴史は古く、平安時代から行われてきたと言われています。古くから続いてきた古紙リサイクル業界は、リサイクル法の整備と経済のグローバル化により、業務の効率化が求められています。そのため、リサイクル業務をより効率的に発展させるツールの導入が必要なのです。

リサイクル業務へのツール導入で業務効率化できる理由6つ

ツール導入によりリサイクル業務が効率化できる理由は、大きく分けて6つあります。たとえば、伝票発行やデータ収集などの煩雑な作業の簡素化や、他システムとの連携がスムーズに行えることです。これらは、ツールがリサイクル業務に特化してつくられているからこそ実現することができます。具体的にどのような点で効率化が可能になるのか、詳しく説明していきましょう。

効率化できる理由1:伝票発行がスムーズに行える

効率化できる理由の1つ目は、伝票発行などの煩雑な作業がスムーズに行えるようになることです。ツールを導入することで、計量器(台貫)と端末を直接接続して自動的に計量値を取りこむことができます。水引き・かご引き・ダスト引きも、タッチパネルで直感的な操作ができるため、窓口業務の効率化に有効です。さらに、税率改正やリサイクル特有の逆有償処理にも対応しています。

効率化できる理由2:リアルタイムでデータ収集と分析ができる

効率化できる理由の2つ目は、リアルタイムでデータ収集と分析ができることです。リサイクル業務では、ヤードに在庫を抱えなければいけないという特性上、受注や出荷の状況を常に把握しておく必要があります。ツールを導入することで、受注や出荷の状況をリアルタイムで知ることができ、業務の効率化が図れます。また各事業所のデータをまとめて管理できるため、課題点を分析することで、業務プロセスの改善につながります。

効率化できる理由3:より資源を有効活用できる

効率化できる理由の3つ目は、より資源を有効活用できることです。日本の古紙回収率は世界でもトップレベルですが、利用率は64%台であり、まだまだ資源を有効活用できる余地が残されているといえます。しかし、リサイクル事業では、伝票発行や在庫管理などの窓口業務が大きな比重を占めています。そこでツールを導入して窓口業務の負担を減らせば、新たな事業展開に人材をシフトすることが可能になります。新たな事業展開を加速させることで、さらに資源を有効活用できるでしょう。

効率化できる理由4:他のシステムと連携がしやすい

効率化できる理由の4つ目は、他のシステムと連携がしやすいことです。ツールを導入することで、伝票発行、会計、在庫管理、車両管理など多くの便利なシステムを使えるようになります。さらに、データベースを一元化しているため、データの一括管理が可能となっています。たとえば、伝票発行システムと会計システムを連携させることで、より効率的な財務処理を行うことが可能です

効率化できる理由5:スマートフォンやタブレットを活用できる

効率化できる理由の5つ目は、スマートフォンやタブレットを活用できることです。ツールを導入すれば、資源の回収ルートや品目別の目検情報をスマートフォンやタブレットで管理し、それらのデータをリアルタイムで共有することもできます。また、マップやナビゲーションシステムとも連携できますので、回収作業の効率化を行うことが可能です。

効率化できる理由6:様々な機能を追加しやすい

効率化できる理由の6つ目は、様々な機能を追加しやすいことです。ツールで実現できる機能は、窓口業務から受注業務、入金照会まで多岐にわたります。ツールを導入することで、改善が必要な業務から徐々に効率化していくことが可能です。

リサイクル業務へのツール導入で効率化を目指そう

効率化できる理由4:他のシステムと連携がしやすい、リサイクル業界が果たすべき役割は大きいといえます。ごみとなる資源を減らし、限りある資源をさらに有効活用していくためには、リサイクルの業務効率化が必要です。リサイクルに特化したツールの導入により、業務の効率化を目指しましょう。

WorkVIsionは、運用コストの削減に加え、システム利用開始までの期間を大幅に短縮できるSaaS型ツールを提供しています。全国製紙原料商工組合連合会に認定されているツールです。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連記事

関連ソリューション

関連事例

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧