ICTは時間を創る魔法使い?

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

いつもギリギリセーフで行動する人、時間に余裕を持った行動を心掛ける人、あなたはいったいどちらのタイプだろうか。9時からの会社に勤務している人は、もちろん始業時間の9時に間に合えば遅刻にならないが、遅くとも9時には業務を開始していることが常識。その常識が意味するところは、よく耳にする「5分前主義・10分前主義」に通じ、定刻前の時間の余裕が様々な意味でプラスに作用するということだ。時間を守ることは相手に好印象を与え、自信にあふれた風格さえも醸し出す。逆に慌ただしく行動している人からはイライラ感が滲み出ていて、相手もイライラさせてしまうことが多い。集中力を発揮しなければならないここ一番の局面では、余計なことに神経を使わず、時間の余裕で正常な精神状態を保つことが大切なのだ。

このように、人は暮らしの中で時間の価値を尊重し、ICTの力を借りて貴重な時間を生み出す工夫を実践している。例えば、ビジネスの世界に長く身を置いてきた方々が、第一線を退き、資格や経験を生かす場面でもその実態を垣間見ることができる。経験豊富な人材を活用するには、単に「働く」だけではなく、「遊ぶ・学ぶ・役立つ」などのコンセプトが重要。その観点で、会員である人材がいかに力を発揮できるか、社会貢献できるかなどを、じっくり時間をかけて考える運営側の裁量も重要になる。ICTはそのためのサポート役。考える時間を生み出す魔法を持っているのかもしれない。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧