原価管理とは?基本知識や原価管理が必要な理由4選を解説!

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

原価管理の基本知識

原価管理は、企業が事業活動から継続的に利益を上げるために欠かせない管理活動の一つで、「コストマネジメント」とも言われます。この記事では、言葉の定義を混同しやすい「原価管理」と「原価計算」の違いや、企業活動で原価管理が欠かせない4つの理由を紹介します。正確な原価管理は、コストカット・利益率改善を実現する大切な管理活動であり、サプライチェーンの最適化である「生産管理」や、売上や取引先の購買状況を管理する「購買管理」などと並ぶ欠かせない管理活動ですので、当記事の内容をしっかり理解しておきましょう。

原価計算との違いとは?

原価計算は、原価管理の一部で、自社の仕入(輸入)や製造に関わる人件費などの原価を計算することであり、あくまでもデスク上での活動でしか有りません。その一方、「原価管理」は原価計算に加えて、割高になった材料費削減のための仕入先の変更・支払給与の増減額・製造ラインの効率化によるコストカットなどの活動も含みます。

原価の計算方法

原価の計算方法には大きく分けると6種類あり、それぞれの計算方法で目的や最適な事業のタイプが異なります。「全部原価計算」を学べば基本的な会計処理が出来るようになり、実際の操業状況に近い分析と管理が可能になります。

原価管理が必要な理由4選

ここからは、原価管理が必要な4つの理由を紹介します。原価管理は数字の計算と改善活動という地道な作業の継続ですが、その継続によって同じ事業からより大きな利益を得られるようになります。大きな利益を得ることができれば、設備投資や従業員への給与の増額も可能になり、企業としてより強固な基盤が形成できます。

原価管理が必要な理由1:利益発生への理解度向上

原価管理が必要な理由の1つとして、自社の利益構造への理解度向上が挙げられます。原価管理では、大前提として原価計算が必要です。正確に原価計算をするためには、自社の商品生産などにかかっているコストを正確に理解し、どの商品にどれだけの原価がかかっているかを振り分けていく必要があります。何をいくらで仕入れて、誰が製造に関わり、いくらの利益を生み出しているのかをより正確かつ詳細に理解することにつながるので、原価管理は事業を継続する上で重要な役割を果たします。

原価管理が必要な理由2:原価変動の把握

2つ目の理由は、原価の変動を把握するためです。企業の利益は売上から費用を引いた額になりますが、原価管理をしていなければ「いつの間にか原価が高騰していた」といったことも発生しかねません。そうなれば当然利益率が下がり、事業活動から得られる利益が減ります。そうした事態を防ぐために、定期的に過去のコスト構造を見直して、材料費や人件費などで削減できる要素がないかを確認し、削減のための施策を実施する原価管理が必要です。

原価管理が必要な理由3:長期的な経営計画の作成が可能

3つ目の理由は、長期的な経営計画作成を可能にするためです。原価管理では、「目標原価」という事業継続のための理想的な原価を設定し、その維持や改善を行います。つまり、事業のコストの目安が明確になり、1商品あたりの原価や損益分岐点の把握も可能になるので、長期的な事業の見通しも立てやすくなります。長期的な経営計画の見通しを立てることができれば、設備投資のタイミングや、投資家からの資金調達が簡単になります。競合他社に比べて、より有利な事業基盤を構築するためにも、原価計算は重要な役割を果たします。

原価管理が必要な理由4:増加しているコストの明確化

4つ目の理由は、コストの明確化です。原価管理では原価計算を行い、その分析を通じてムダなコストを特定したり、増加しているコストを明確化したりします。材料費や人件費は常に一定ではなく、仕入先業界の状況や景気によって変動するため、常に原価の最適な水準を維持し、その時々で最適なコスト構造を維持する原価管理が必要です。

目的を考慮して原価管理システムの導入を検討してみよう

この記事では、原価管理・原価計算の違いや様々な原価計算方法、また原価管理が必要な4つの理由を紹介しました。企業の目的は利益を上げ続けることで、そのためにも製品の製造にかかる費用を最適な額に維持する必要があり、原価管理は重要な管理活動です。原価管理が上手く出来ていないと考えられる企業様は、これを機に原価管理をしっかりと行うようにしましょう。また、WorkVisionでは、管理業務を最適化するシステムを提供しています。下記のページで導入実績やサービスの概要を紹介しておりますので、管理システムの導入をご検討の方はぜひご一読下さい。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連タグ :

原価管理原価計算

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧