流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット6つ!適正な在庫管理を実現しよう

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

流通卸売業の在庫管理とは

販売管理の業務の一つに在庫管理があります。流通卸売業は、メーカー(製造業)から仕入れた商品を小売店へ納品することで利益を得ています。商品を一時的に倉庫で保管しておく際に発生するのが在庫であり、流通卸売業では適正な在庫管理を行うことが重要です。

在庫管理システムを活用することで、発注と仕入内容の照合や、不動在庫や滞留在庫の解消も容易となります。流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットについて詳しく説明します。

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット6つ

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用する大きなメリットは、在庫管理業務のミスがなくなることです。

流通卸売業では、多様化する消費者ニーズへの対応で、多くの種類の商品を少しずつ管理することが必要となり、在庫管理は非常に煩雑な業務となっています。システムを導入することで、膨大な数量の在庫をリアルタイムで管理でき、人的ミスを撲滅できます。

また、内部統制の強化に有効となるなど様々なメリットがあります。流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットを具体的に6つ説明します。

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット1:管理業務の人的ミスがなくなる

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットの1つ目は、管理業務の人的ミスをなくせることです。在庫管理では把握しなければならない情報が大量にあります。

商品の発注点数、仕入点数から、現在の在庫状況、出庫時期、保管期間など、台帳管理による人的ミスは、システム化することで各情報の照合や連動が容易となり、出荷漏れなどの人的ミスをなくすことができます。

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット2:業務プロセスを改善できる

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットの2つ目は、業務の標準化ができ、作業を簡略化できることです。

商品の流通には、サプライチェーンという一連の流れがあります。製造から販売までの流れの中で、流通卸売業はメーカーと小売店を結びつける役割を果たしています。需要と供給の状況を把握しながらの在庫管理は、非常に作業量が多く煩雑になりがちですが、システムを導入することで業務プロセスを改善することが可能です。

例えば、在庫状況を的確に判断した発注が行えるなどです。流通卸売業に特化したシステムであれば、より多くの業務が簡略化できるでしょう。

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット3:一定レベルの生産性を保てる

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットの3つ目は、一定レベルの生産性を保てることです。

在庫管理で生産性を上げるには、デッドストックを失くすことが重要です。電化製品など新商品が出ると価値が下がってしまうものや、食品や薬品など使える期間が限られているものは、正確な在庫回転率を把握することが必要です。

デッドストックの多くは、過剰な発注などで適正な在庫管理ができていないことが原因です。余剰となった商品は値下げや廃棄の判断も必要です。流通卸売業の在庫管理システムは、これらの業務改善にも有効です。

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット4:人件費の削減

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットの4つ目は、人件費の削減です。

在庫管理が手作業の場合は、発注や棚卸の他、それに伴う書類作成や数値入力など、多くの人が携わる業務が発生しますが、システム化することで人的資源を他の業務に有効活用できるようになります。

また、在庫管理に特化した人材を育成する時間が短縮できます。企業にとって人件費や人材育成時間の削減は大きなメリットです。

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット5:在庫状況をリアルタイムで把握できる

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットの5つ目は、在庫状況をリアルタイムで把握できることです。

在庫管理システムでは、仕入予定、出庫予定、返品予定などの属性を管理できるため、タイムリーな在庫状況の把握が可能です。これは、盗難や紛失の予防や、内部統制の強化にも有効です。

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリット6:仕入計画が修正できる

流通卸売業の在庫管理にシステムを活用するメリットの6つ目は、仕入計画の修正ができることです。

あらゆる情報をデータとして管理できるため、相場が変動してもすぐに対応でき、過去のデータを分析して在庫を調整し、適切な仕入計画に修正することが可能です。

流通卸売業の在庫管理にはシステムを活用しよう

流通卸売業において、在庫管理は重要な業務の一つです。規模が大きくなり、取り扱う点数が増えるほど、複数の倉庫にある在庫の適正な維持・管理が難しくなってきます。膨大な作業になる在庫管理を人手でミスなく行うことは困難です。

システム化することで、現場の負担を減らし、生産性を向上させることができます。流通卸売業の在庫管理にはシステムを活用し、業務を効率化させましょう。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連記事

関連ソリューション

関連事例

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧