車両部品の在庫を全社で一元管理するメリット4つ|適切な在庫を把握するためのポイント

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

車両部品の在庫管理とは

車両点検・整備には数多くの部品や資材が必要となります。部品や資材の在庫管理は、交通機関の重要な業務の一つです。例えば、バス会社では法定点検の他にも自社で定期点検を行うことがあり、車両の保守点検・整備のための部品在庫を事業所単位で管理することもあります。

車両部品を在庫管理する目的

部品を在庫管理する目的は、整備に必要となる部品を正確に把握することです。部品は商品とは違いますが、企業の資産です。在庫管理が不十分であった場合、過剰在庫が劣化して使えなくなるなど、資産が無駄になる可能性があります。

また、適切な在庫管理は業務時間の削減にも繋がります。事業所別の在庫を全社で一元管理することは、適正在庫の把握が容易になるなど、様々なメリットがあります。

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリット4つ

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリットは、業務効率が向上することです。事業所単位で個別の在庫管理表を用いた部品管理の場合は、適正在庫の把握に時間がかかり、余剰在庫が発生しやすくなります。

在庫管理を全社で一元化することで、適正在庫の把握と滞留部品の解消が実現します。また、在庫管理業務を標準化することで、内部統制やコンプライアンスの強化にもつながります。具体的なメリットについて詳しく説明します。

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリット1:余剰在庫が削減できる

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリットの1つ目は、余剰在庫が削減できることです。

部品の在庫管理を事業所単位で行っていると、全社的な適正在庫の把握に時間がかかり、余剰在庫が発生しやすくなりますが、全社のデータを集積するシステムで在庫の一元管理を行うことで、この問題を解消できます。

拠点単位の部品在庫の過不足が解消できるだけでなく、適正な部品管理による内部統制の強化にも繋がります。

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリット2:生産性が向上する

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリットの2つ目は、生産性の向上です。

事業所単位で在庫管理を行っている場合は、部品単価の管理や発注などの業務も事業所ごととなります。これを全社で一元管理すると、煩雑な在庫管理の業務を本部で纏めることができるため、事業所の業務効率を上げることが可能となります。

さらに、在庫の一元化で部品の適正単価や取引額を把握することも容易になり、損益意識の定着にも繋がります。業務の効率化と損益意識の定着は、全社的な生産性の向上に有効です。

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリット3:需要予測が可能になる

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリットの3つ目は、需要予測が可能になることです。

部品の在庫管理には、ハンディターミナルを用いてリアルタイムに部品の在庫状況を把握する仕組みが有効です。これにより、部品在庫の流れに関するデータを正確に分析することができ、今後の需要を予測できるようになります。

また、事業所単位で保管している部品の過不足状況も即時に把握できるため、部品の倉庫間移動で余剰在庫を減らし、在庫数量を適正化することにも役立ちます。

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリット4:管理業務のコストを削減できる

車両部品の在庫を全社で一元管理するメリットの4つ目は、管理業務のコストを削減できることです。拠点単位ではなく全社で一元管理を行うことで、まず管理に必要な人件費を削減できます。

さらに、個別に発注していた時には把握し辛かった仕入実績のある部品単価や納期の確認が容易となることや、入出荷や事業所間を移動させた数量もリアルタイムで把握できるため、管理業務コストの削減に有効です。

在庫管理を適切に行うためのポイント2つ

車両部品の在庫を全社で一元管理することは多くのメリットがあることが分かりました。在庫管理を適切に行うためには、担当者の意識改善と、適切なシステムの導入がポイントです。

在庫管理は闇雲に導入すればよいのではなく、目的意識を持ち、必要な機能をもったシステムを導入することが重要です。また、担当者の意識次第でその効果も大きく変化します。在庫管理のポイントについて詳しく説明します。

在庫管理担当者の意識を改善する

車両部品の在庫を全社で一元管理することは多くのメリットがありますが、メリットを十分に引き出すには在庫管理を行う担当者の意識改善が重要です。

適切な部品発注は、適正単価を社内で情報共有できるなど、部品管理に携わる意識を改善することができます。担当者の意識改善が進むことで、内部統制の強化も実現します。

自社に適応した在庫管理システムを導入する

車両部品の在庫管理の方法は企業で異なることもありますので、自社の業務形態に適応した在庫システムを導入することが重要です。まずは自社の課題を抽出し、解決するために必要なことは何かを洗い出しましょう。

同業他社で導入しているシステムを参考にするのも一つの方法です。在庫管理システムには、特定の業種に特化したものもあります。自社に適応した在庫システムを探してみてください。

車両部品の在庫を全社で一元管理してキャッシュフローを改善しよう!

車両部品の在庫管理は、交通機関では欠かせない業務の一つです。部品は会社の資産の一部であり、安全な車両運行にも必要不可欠です。資産を無駄にしないよう、在庫は適切に管理しなければいけません。

車両部品の在庫管理にシステムを導入し効率化することで、業務効率化や生産性の向上など多くのメリットが生まれます。

車両部品の在庫管理によるメリットをしっかりと把握し、自社に適応した在庫管理システムを検討してください。バス車両の部品管理については、WorkVisionが提供するシステムをお奨めします。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連記事

関連ソリューション

関連事例

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介

コラム

セミナー・イベント

セミナー・イベント一覧