在庫管理をスマートに|バーコードで在庫管理をするメリット3つ

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

在庫管理とは?

在庫管理とは、在庫を信頼できる情報として正確に管理することを言います。在庫管理をロット管理することで、情報の見える化(可視化)が可能となります。加えて、どこに何があるのかを正確に把握できるようになると、トレーサビリティの改善にもつながります。

バーコードで在庫管理をする方法

バーコードを利用して在庫管理を行う方法として、まず商品コードの設定とコンピュータへの登録を行い、バーコードを情報媒体として存在させます。作成を行ったバーコードを現品やシールなどに印刷し、バーコードリーダーで読み取ることで在庫管理を行います。加えて、バーコードに出荷予定を組み込んでおくと検品が可能となり、出荷ミスも防げます。

バーコードで在庫管理をするメリット3つ

在庫管理をバーコードと在庫管理システムで行うことによって、在庫の「情報」と「商品」の一致が可能になります。ここからは、バーコードで在庫管理をするメリットを3つ紹介します。

バーコードで在庫管理をするメリット1:人為的なミスを減らせる

バーコードをハンディターミナルで読みとって在庫管理を行うので、人為的なミスを減らすことが可能です。読み取った在庫情報は、在庫管理システムで自動的に管理されるため、簡単に在庫管理ができます。加えて、在庫管理における入力ミスや入力漏れといった人為的なミスを防ぐことができるので、正確な在庫管理が実現できます。

バーコードで在庫管理をするメリット2:作業の効率化を図ることができる

「在庫の見える化(可視化)」で、在庫管理や発注業務などの効率化が実現できます。バーコードで在庫管理を行うと、「どこに、何が、いくつあるのか」といった在庫情報を現場に行かなくても確認することができ、過剰在庫や不要な在庫の管理まで行えます。

バーコードで在庫管理をするメリット3:作業を標準化することができる

作業の標準化を行うことで、より正確な在庫管理が実現します。複数の人が携わる在庫管理では、管理方法を統一する必要があります。個人がそれぞれの方法で在庫管理を行ってしまうと、現場での情報と商品の不一致が起こりやすくなります。作業するときのルールを作成して、全員で作成したルールを守るという作業の流れを作り、作業の標準化を行います。

バーコードで在庫管理をする際のポイント3つ

バーコードで在庫管理をするときは、バーコードを再利用したり、バーコードの発行方法などを工夫したりすることがポイントとなります。小売業の場合は、物品に国際的な共通商品コードである13ケタのJANコードが使われたバーコードがついているので、そのまま商品コードとして使えます。一方、製造業の材料には、バーコードがついていないことが多く、仕入れた材料は製品となるまでの過程でさまざまな形態に変わります。こうした場合において、バーコード管理を利用して効率よく生産していくためには、バーコードの発行方法などを工夫する必要があります。

バーコードで在庫管理をする際のポイント1:バーコードラベルを再利用する

物品に表示されている仕入先が設定した品目バーコードを再利用することで、バーコードラベル発行の手間を省くことが可能となり、効率化につながります。商品バーコードの再利用例として挙げられるのは、コンビニエンスストアなどの小売業です。小売業では、仕入れた商品についている13ケタのJANコードをそのまま再利用して検品や管理を行っています。自社商品コードとは異なる、仕入先の商品バーコードを再利用したい場合は、在庫管理システム内に対比テーブルを作成して対処します。この場合、仕入先の商品バーコード変更時にルール化しておく必要があります。小売業では、エアレジやスマレジなどを導入することも、在庫管理を行う上で有効です。

バーコードで在庫管理をする際のポイント2:バーコードラベルの発行方法

バーコードでの在庫管理を初めて導入する場合は、一般的なプリンターとタッグシールを使ってバーコードラベルを印刷しましょう。すでにバーコードを印刷できる環境や設備が整っているのであれば、据置型のバーコードラベル専用の印刷機を使って印刷できます。一方、バーコードラベル発行の設備が整っていない場合は、一般的なプリンターでバーコードラベルを印刷します。一般的なプリンターを使ってバーコードラベルを発行する際は、タックシールを使います。加えて、バーコード専用のフォントも必要となります。この発行方法は、専用機を設置せず、初期投資を抑えることが可能です。

バーコードで在庫管理をする際のポイント3:バーコードラベル貼り付け場所

バーコードラベルを、在庫の保管容器や保管している場所に貼り付けて管理すれば、手間を省くことが可能になります。在庫にバーコードがない場合は、在庫を保管している容器や棚、パレットなどに対象となるバーコードラベルを1枚貼り付けて在庫管理をする方法が有効です。この管理方法では、個別にバーコードを貼る労力やバーコードを発行する手間を省けます。加えて、バーコードを発行するために必要なシールなどの消耗品の消費も省くことが可能です。物品以外にバーコードラベルを貼り付けて管理する場合は、保管場所を変更した際にバーコードラベルも一緒に貼り替える必要があるため注意が必要です。

バーコードで在庫管理をしてみよう

バーコードによる在庫管理を導入することで、在庫管理における人為的なミスを減らし、作業の効率化や標準化を行うことが可能となります。バーコードによる在庫管理を導入するためには、システムの導入やハンディターミナルなどの準備を整える必要があります。しかし、バーコードによる在庫管理を行うと、手書きなどで発生していた人為的なミスの防止につながります。加えて、棚卸業務の効率化の実現や、作業の標準化によって作業品質を一定に保つことも可能となります。WorkVisionのシステムを使えば、業務の効率化ができます。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

  • Facebook

  • Twitter

  • LINE

関連タグ :

在庫管理作業効率化

関連記事

関連ソリューション

関連事例

新着記事

情報システム導入ならWorkVisionにお任せください。
資料請求などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせいただく前に、お問い合わせいただく前の注意をお読みください。

お問い合わせいただいたお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。



事例紹介